【観戦記】ACL 浦和1-0上海上港 見事にリーチ

観戦記
04 /12 2017
ところで、上海って、港あったっけ。

ゴール

44分 ラファ

上海

____09____
07__08__11
__06__25__
04______23
__27__28__
____01____

61分 23→02
77分 06→18
82分 25→15

浦和

____ラファ____
__ズラ__陽介__
ウガ______駒井
__青木__アベユ__
_槙野_遠藤_森脇_
____周作____

59分 青木→忠成
60分 ズラ→武藤
81分 ラファ→那須

細かい雨と強風で、屋根などなきに等しかった寒い寒い埼スタでしたが、
それでも2万人集まったのは、上出来ではなかったかと思います。
みんな、ほんとにACL好きやね。

上海は復帰が赤羽に飲みに行ったまま帰ってこなかったのかベンチ外。
代わりに11番がSHに入り、頻繁に7番とポジションチェンジ。

浦和はKLM総入れ替えで、ラファが1トップに復帰。
陽介が1列上がって、青木がスタメンに戻りました。
出禁の慎三と前節負傷の関根がベンチ外。

前半は、ほぼ浦和。

開始1分経たずに、ウガのクロスにラファが触っていきなりポスト直撃。
ホームでは、おまえらの好きなようにはさせないよ、と言わんばかりの、
敵を凍らせ、味方を勇気づける、効果的な先制パンチでした。

後半は好きなようにさせてしまいましたが。

強風と雨で多少のやりづらさはあったと思いますが、
相手を全く怖れることなくボールをつなぐ浦和がゲームを支配。
多少、長めのパスを前線にぶつけてましたが、
出足も良く、ファーストディフェンスも速いから、セカンドボールも制圧。

この日は特にウガがキレキレで、何度も左サイドを切り裂いてましたので、
最後は相手のSBの23番が息切れしたのか負傷退場。
久しぶりにスタメンの青木も獅子奮迅の働きで中盤に君臨し、
先制点の起点となるズラへの縦パスも見事でした。

その縦パスを受けたズラが、右横に流したところ、
ラファが3人に囲まれながら、見事に左上にボールを持ち上げ、先制ゴール。
密集するDFの間から、シュートが抜けてくる光景は、シトンみたい。

パチンコ屋で思いついたか知りませんが、ビラスボラスは後半勝負。
アウェイゲームの前半のような激しいプレスで、浦和に襲い掛かる。

ただ、攻められ続けて、逆に目が覚めたのが周作。
枠内に飛んでくるシュートを次から次にはじき返す。

一方、LM2枚替えで2点目を狙うものの、全く押し返せない展開の中、
上海の圧力に耐えきれずに、陽介がオスカル倒してPK献上。
これを、周作が横っ飛び、右手1本で掻き出し、埼スタは沸騰。

さらに、左でクリアし損ねて、クロスを槙野が手を広げて阻止、またPK。
これは本当に槙野の愚かなプレイ。いい加減に手の使い方考えて欲しい。
しかし、今度はオスカルがクロスバー遥か上方に外し、2度目のPK失敗。

セレソンの意地で、同じところに蹴って来るものと読んでいましたが、
まさか、誰も触れないところに蹴って来るとは思いませんでした。
啓太の魂でも乗り移ったのでしょうか。

これで心が折れたわけでもないでしょうが、さすがにラッシュも続かず、
上海が次第に失速し、攻撃のキレが失われていきます。
最後は、相手陣奥のコーナーフラッグ付近で、浦和が若干鹿島って終了。
運にもだいぶ助けられましたが、きっちりアウェイの借りを返しました。

これでグループ1位浮上。WSW、ソウルが勝ち点3で並ぶ展開。
引き分けでグループ突破決定、大負けしなければ2敗でもOK。
見事な戦い方ですし、ACLを自分の土俵にできるようになっている。

もちろん、フッキがいれば、また別の結果になっていたかもしれませんが、
運を引き寄せることが出来るのは、力がないとできませんから。

ホームでシドニーに勝って、しっかり次に進みましょう。

【展望】ACL ホーム上海上港戦 さあ、大一番

展望
04 /09 2017
さて、火曜日はACL。

前回対戦時の上海

____09____
07__08__10
__06__25__
02______23
__27__04__
____01____

第1節のソウル戦だけ02→28で、ガチの固定メンバー。
フッキの負傷欠場の噂もありますが、どうせ復帰すると思います。

アウェイでは、Jにはないスケールの相手の圧力は確かにありましたが、
ほぼほぼ自滅といっていい失点が最後まで響いた上海戦。
大量の水撒きでつるつるにされたピッチに足を取られ、
序盤は想定外に真面目だったブラジル人のフォアチェックに追い回され、
落ち着いてボールを回し始める前に、大きなビハインドを負いました。

そこら辺は、リーグ戦でも見受けられる、ゲーム運びの不安定さですが、
やはりお給料の高い人たちは、なかなか見逃してはくれません。
周作のお粗末なフィードミスで、ほぼ勝負は決してしまいましたが、
その一方で、希望が全くなかったわけではありません。

後半、ラファ・陽介投入でギアを上げ、相手を押し込み始めると、
前半のハードワークの反動で急減速した上海は、完全に足が止まりました。
フッキの個人技で、痛い追加点を奪われたりもしましたが、
堂々と正面から2点取り返したのは偶然ではなく、今の浦和の実力から。
終盤の上海は、みすぼらしい時間稼ぎを繰り返すだけの虫の息でしたから、

別に、負ける相手ではない。

浦和の予想スタメン

____ラファ____
__武藤__忠成__
ウガ______駒井
__アベユ__陽介__
_槙野_遠藤_森脇_
____周作____

青木が25番見てましたね。今回はキャプテンが見るんですかね。
慎三が出禁、ラファが戻してるみたいなので、LMと組むでしょう。

浦和も、もう何年もACL出てますし、広州とも何度もやってますから、
反則外人も前線だけであれば、対処の仕方はある程度わかっていますし、
11人対11人の組織での勝負なら、浦和に分があると思います。

引きこもる可能性は皆無でしょうし、頭からガンガン来るでしょうし、
上手く前半を凌ぐことが出来れば、後半必ずスペースが空いてくる。
特に、25番のアフメドフ潰しておけば、前後を分断できそうです。

負ければ上海がほぼ一抜けですが、勝てば浦和のGL突破が見えてきます。
今度は慣れた埼スタのピッチとサポーター、舞台は整いました。
この大一番、必ずものにしましょう。

【観戦記】Jリーグ 浦和7-0仙台 532との食い合わせ

観戦記
04 /08 2017
埼スタは、スタジアムの中も外も満開でした。

ゴール

20分 慎三
27分 慎三
29分 武藤
45+2分 慎三
47分 忠成
65分 OG
90+2分 陽介

仙台

____奥埜____
__梁____藤村_
永戸_____蜂須賀
__冨田__三田__
_増嶋_平岡_大岩_
_____関_____

HT 藤村→クリスラン
68分 永戸→茂木
68分 蜂須賀→菅井

浦和

____慎三____
__武藤__忠成__
ウガ______関根
__アベユ__陽介__
_槙野_遠藤_森脇_
____周作____

42分 関根→駒井
62分 ウガ→菊池
68分 忠成→青木


532という守り方が今の浦和に対して有効なのかという点ですが、
守ることだけなら、相性は抜群に悪いような気がします。
渡辺さんは、梁と奥埜の2人でのショートカウンターに、
一縷の望みを託していたのかも知れませんが、
なまじ攻撃の要件を盛り込むことが、この試合で正しかったかどうか。

甲府は同じ532で中央の縦の楔を待ち受けていましたが、
結果としては右の関根に大暴れされての大敗を喫しました。
鞠や鹿のように2枚+2枚で真ん中固められると苦戦しますが、
さすがに3枚+3枚だと、別のエリアで破綻をきたすようで。

1点目は、関根の侵入に対して三田が追いかけ、
空いた前のスペースに永戸が出て、森脇をちらちら監視してましたが、
結局、三田が振り切られて左足のクロスを簡単に上げられて万事休す。
2点目は、三田の森脇への寄せが甘く、
まんまと永戸の裏を関根が駆け抜けていってしまいました。

仙台はボールホルダーに対し前後から寄せて奪い取るやり方ですが、
浦和ほど速くボール回され剥がされて、且つ横幅いっぱい使われては、
うかうか持ち場離れて、永戸のエリアに援軍に行くこともできず、
結果として、派手に炎上させてしまうことになりました。

次の日の等々力では、川崎相手に甲府が何とか532で耐えてましたが、
川崎は同サイドで細かくつないで攻め切っちゃうことも多いので、
やはり浦和との相性が悪いのかな、という気がします。
541ならもっと前後から行けるかも、でもラインを高く保つのが難しいし、
前節の神戸のように、前線が孤立して夢も希望も無くなってしまう。

ここら辺が、最近の浦和の、ミラーゲームに対する強さかも知れません。

3点目は武藤が持ち上がり、斜めに走る陽介囮に派手に蹴り込みましたが、
これは仙台が神戸戦で露呈させていた、バイタルの緩さ。
角田の頃なら隙もありませんでしたが、三田には厳しいのかもなあ。

これで、試合の趨勢は決まってしまったので、
後半クリスラン投入して、やけくそ気味にライン上げて攻勢に出ても、
浦和は逆に、落ち着き払ったカウンターで決定機を量産。
さすがに体力の限りもあって、フィニッシュの精度を欠いてましたが、
しっかり勝ち点3をいただくことが出来ました。

神戸以外の上位陣が総崩れで、勝ち点13、得失点差13の2位浮上。
ゼロックス、ACL合わせて10試合で33ゴールの荒稼ぎ。
もう、黄金期のジュビロみたいで、守備語るのがバカバカしくなる。

ただ、仙台が降格するほど弱かったかというと、そういうわけでもなく、
食い合わせが極端に悪かったのかな、というのが率直な感想。
よそと当たるときは、また勝っていくんじゃないですかね。

浦和は幸いにも気を緩める暇もなく、上海との決戦が控えます。
大勝ほど、早く忘れるに越したことはありません。

それにしても、SRの土日回数券が減らんなあ。

【展望】Jリーグ ホーム仙台戦 相手の3バックは発展途上

展望
04 /04 2017
桜が咲きましたな。

前節の仙台

____石原____
__奥埜___梁___
永戸______菅井
__冨田__三田__
_石川_平岡_大岩_
_____関_____

長年使い慣れた4バックから、今年は3バックへの移行にチャレンジ中。
常時ではないものの、攻撃時に冨田が落ちて415になるミシャ式可変型。
ただ、石川、大岩が前への圧力を出せないので、SHを押し上げ切れず、
去年よりも攻め手が1枚足りなくなっちゃったような印象があります。
しかもキーマンの冨田が下がってしまうと、さらに手詰まり感が漂います。

誰もが槙野や森脇になれるわけではないのでして。

新入生の永戸と菅井の攻撃力を生かそうとした意図もわかりますが、
菅井はSBなのにとんでもないところに突然現れるから菅井なのでして、
むしろ、中途半端な高さで浮遊して、堅牢な5バックも構築できない。

川崎には、永戸の裏にボール出されて、小林が石川の裏を抉り取って、
あとは真ん中に合わせるだけの簡単なお仕事2回で2失点。
逆に、3トップもいっぱいいっぱいなのか、守備時にも中盤に戻り切れず、
神戸戦ではバイタルがスカスカになったところを狙われ大森藤田で2失点。

課題は多いように見受けられます。

一方、残りの3試合、ウノゼロの勝利をおさめてはいるものの、
札幌、磐田、柏相手に、ゴールは後半の39分、29分、46分という際どさ。
確固たる攻めの形があるわけでなく、血と汗と涙とド根性のゴールの印象。

まあ、逆に勝負強いとも言えるんだけど、これでは長続きしない。

今年はバックラインから細かくつなぎたがる芸風なので少々危なっかしい。
全体のライン上げて、前から追いかけてのショートカウンターは多いけど、
ボールがなかなか来なくなると、石原や奥埜が下がってきたりしていて、
肝心のフィニッシャーが見当たらない場面もちらほら。
おまけに、今年は梁がなぜか絶不調で、せっかくの決定機も吹かす吹かす。

菅井も今一つ全盛期ほどの元気がなく、左の永戸くんが頼りですが、
クロスの精度はいいものの、スピードでぶち抜くタイプでもないので、
関根でも十分にボールの出所抑えてくれそうです。

そして、奥埜と共に獅子奮迅の活躍で仙台を引きずり回している石原が、
レンタル契約の規定で、今節の出場が許されないという鬼畜の所業(GJ
代役はクリスランでしょうが、波紋以上でも以下でもない。
秘密兵器と言っても、出てないんだからそのレベルということ。
川崎戦見る限りでは、大きいけどポストプレイは硬いし、起点にならない。
野沢もシャドウ出来ないのか干されてるし、トップ出来そうな若手も不在。

仙台はどう来ますかね。

川崎相手でも前から来たことですし、浦和相手にも来ると思います。
逆に、そこで発生するかもしれないアクシデントしかチャンスは望めない。
でも、今の浦和は正直隙だらけですから、チャンスは十分ありそうですがね。
GKがバックパス貰った時とか、お薦めです。

一方、浦和から見れば、仙台のこなれていない3バックも隙だらけ。
自陣での細かいボール回しも狙い目ですし、SHの裏やバイタルも狙い目。
あんまりオープンな展開になってもややこしくなるだけですが、
早い時間帯にゲームが動いちゃうんじゃないかという気もします。

上海戦、できれば隙を見せたくないので、KLMで行きたいところですから、
ラファが治ってくれるいるといいんですが。
と思ったけど、慎三ACL出禁やった。
それと、しっかり前半を凌ぐ意味では、青木で行ってもいいような気も。

でも、監督はミシャだからな。

桜が咲いたとはいえ、まだ肌寒いナイトゲームですから、
試合の方は、思いっ切り派手になってもよいかも知れません。


【TV観戦記】Jリーグ 神戸1-3浦和 鬼門終了

TV観戦記
04 /01 2017
今年のリーグ戦アウェイ初勝利は鬼門ノエスタ。
まあ、いつもより芝がまともだったのが幸いしましたので、
来年は重馬場がご用意される予定となっております。

ゴール

61分 陽介
64分 遠藤
81分 中坂
90+2分 陽介

神戸

____ちま____
大森______TJ
__藤田__ニウトン__
松下______小林
_渡部_岩波_峻希_
____キム____

66分 TJ→大槻
70分 大森→中坂
81分 ニウトン→高秀

浦和

____慎三____
__武藤__忠成__
ウガ______関根
__アベユ__陽介__
_槙野_遠藤_森脇_
____周作____

59分 武藤→駒井
68分 忠成→ズラ
82分 関根→那須

神戸はやはり浦和に対しては442は捨てて、実質541。
浦和の守備に改善が見られたような気がしたのは前半15分までで、
元凶の周作含め、相変わらずのグダグダ状態ではあったものの、
予想通り、神戸のオフェンスはそれ以上に迫力を欠いて、
結局のところ、浦和のハーフコートマッチがいつものように。

鬼門鬼門と騒ぎますが、荒れたピッチがやりにくいという程度で、
去年のルヴァンでは、トシとズラであっさりやっつけてるわけですし、
やはり、相性とかネル将とかの不気味さで、自然と腰が引けるという、
気持ちの問題が9割以上だと思っておりますが。

その不気味さの最大の要因は、神戸のカウンターなわけですが、
PJやレアンドロのようなひとりでできたもん系FWが不在であれば、
孤立無援のちま一人で何とかなるような問題でもなく。
前半のチャンスも、TJや大森がずいぶん遠くから打ってくれて助かります。

最初は523気味に前から来たりもしていましたが、
浦和に押し込まれ、ボランチの横まで森脇槙野に出てこられますと、
大森TJはズルズル下がらされ、自分たちの持ち味を生かせるわけもなく。

ただ、怖かったのはニウトン。中盤で攻撃の起点になってました。
キープ力は高いし、フリーでのヘッドがポスト叩いたシーンは冷や汗もの。
それと峻希の持ち上がり。
周囲を使いながらボールを運ばれる場面では、ほとんど捕まえられず。
峻希は、年々厄介な選手になっていきます。
ただ、橋本がいなかったのはせめてもの救い。左のクロスの脅威はなし。

浦和はラファを欠きますが、連戦でなければKLMがベストユニット。
特に峻希とガチンコになった武藤のプレスバックがなければ、
早い段階で浦和の守備網が崩壊していたかもしれません。
逆に言うと、キャプテンの最近のフィルタリングはあまり当てにできん。

また、スタメンを張り続けた青木に代わり、ボランチには陽介。
押し込む展開を予想すれば、引き出しの多い陽介が後ろに構えるのは得策。
しかし、結果的に陽介の大爆発は一列上がってからでしたが。

スコアレスで進んだ後半60分近くに”ボランチ”駒井投入。
終盤でドリブル小僧が真ん中に入るのはギアアップのスイッチ。
特に関根と駒井が折り重なって右サイドをドリブルしていく姿は、
相手にとっては、最低の嫌がらせ以外の何物でもない。

そして一列上がった陽介が火を噴きます。

右サイドで縦に入ったボールを森脇が中に入れ、
慎三がもつれながらヒールで前方に流すと、
回収した陽介が4人に囲まれながらキックフェイント2発でコースこじ開け、
右足アウト気味のトゥでゴール左隅に流し込む先制弾。

これはワールドクラス。

続いて3分後には陽介の左CK。
ニアでチュンがニウトンをブロックし、その後ろに航が飛び込みヘッド。
チュンはボールに見向きもしませんでしたが、作戦だったのかな。
今年よくある、畳みかけるパターンで、2点目を取れたのは大きい。

このままクリーンシートに持って行ければよかったのですが、それは無理。

周作のフィードが左サイドの槙野のところで収まらず、
横に逃がしたボールを慎三がバックパス、短くなってちまが回収。
間髪入れずに対角のパスが中坂に通り、中坂が独走。
反対サイドの森脇は切り替え間に合わず追走、周作が飛び出しかわされて終わり。
完全に中坂の支配下にボールがあったので、周作の判断は理解に苦しみます。

それでもATには、相手FKの跳ね返りを慎三が収め、
まとわりつく峻希にカウンターを遅らせられぬよう、ヒールでウガに預け、
独走のウガが狙いすましてGKとDF間にクロス通して、陽介が右足でゲット。
これまた、高い精度の美しいゴールでした。

相変わらず危なっかしい試合が続きますが、首位を叩くことが出来ました。
文句なしに、陽介がMOMでしょう。素晴らしい切れ味でした。

もう、ネル将にも、あまり打つ手はなさそうに見えますがね。
ここは鬼門でも苦手でもないと、結構前から個人的には思っていますし。

今度は、ポドルスキさんとお会いするのを、楽しみにしています。

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito