【展望】ルヴァン杯 ホーム広島戦 試合運び

展望
05 /14 2018
ルヴァンGSも残り1試合。
こういう試合を、派手に大勝ちするでなく、
きっちりドローか、1-0ぐらいで、
渋く時間を使うようなの見たいのですが。

前節G大阪戦の広島ルヴァン組

__工藤___渡__
シウバ______川辺
__松本__森島__
川井______馬渡
__吉野__野上__
____中林____

昨年のC大阪同様、ターンオーバーを徹底。
レギュラー組とそん色ないサッカーながら、
ルヴァンは結果がついて来ない広島ですが。

この控え組ユニットの売りと言えば、
J2席巻した、馬渡-渡の徳島ホットライン。
カップ戦もリーグ戦も、最近は、
渡→ティーラシンという使い方してますが。

フェリペシウバのようなクラッキが、
なぜ控え組なのか理解できていませんが。
柏に比べると、やはりスピード不足か。

守ることへの抵抗感はないんでしょうなあ。
森保式も好戦的ミシャ式の守備的改良版、
去年も辛い時期を過ごし、耐えるのは慣れてる。
堀式が我慢できなかった浦和とは違う。

簡単なワンタッチパスワークも目立つ。
際どいところでやりたがる浦和と違い、
ビルドアップ時とかでプレスが緩いと、
積極的にワンタッチを使うように見える。

これやってると、パスコース作るため、
全員が止まらずに顔出す癖付くからいい。

鹿島のように前の4人が流動的で、
外に流れるFWと、中に入るSHが交差し、
うまくチャンス作っているように見える。
しっかり引くから、速く攻められれば、
カウンターには格好のスペースも広がる。

決められないと、流れは変わるのですが。

と思ってたら、森投入でライン上げた吹田に、
一転して受け身になって、防戦一方。
バイタルが緩すぎて、ミドル2発で同点。
流れ止められずに西野にヘッド決められ敗戦。

いずれにせよ、リーグ戦組の方も、
いまだに何で勝ち続けているのか、
何でゴールが奪えるのかよくわからない。
ルヴァン対比で、パチョ、青山、稲垣あたりが、
今年の強い広島のキーマンなのかなあと。

最終節だし、リーグ戦無双するレギュラー組、
最後に出てくるかも知れませんがね。


前節名古屋戦の浦和ルヴァン組

____忠成____
武富______マル
__長澤__直輝__
____アベユ____
荻原______菊大
__槙野__岩波__
____福島____

概ねこのままでいいような気がしますが、
直輝がもう少しシステムに乗ってこないと。
それと、青木にもお願いできないかなあ、
アベユのとこ、ちょっと怖かったので。

馬渡、川辺あたりがきそうな浦和の左側、
荻原が少し心配な気もしますが。

勝ち点は浦和10、吹田9、広島7。
ドローを頭に入れながらの試合になります。
織部の教えを受け、固い試合ができれば、
浦和はクラブとして一歩成長出来ますが、

まあ普通は前半5分ぐらいにですなあ(ry

お手並み拝見ということで。

【展望】Jリーグ ホーム鳥栖戦 自由自在

展望
05 /12 2018
連戦も残り3つ、気持ちよく終わりたい。
織部2勝3敗ですが、実にポジティブ。
強い浦和が、着々と作られている。

前節清水戦の鳥栖

____田川____
__小野___安__
_原川_秀人_義希_
吉田______小林
__高橋__キム__
____権田____

ゲームを見ている限り、
今の順位に妥当性はあまり感じられない。

相変わらず、守備はサボらないし、
押し込まれても、体張って跳ね返すし。
清水戦、一人減っても微動だにしない。
リードされたら、追いつくのは大変。

攻めるのも、前の3人で確実に攻め切る。
田川のスピードと小野のテクニック。
最近出ている安もゴール決めてるし。
怪我で離脱していたイボルバも復帰。

それより怖いのは、後列からの飛び出し。
清水戦の後半、ギアを一段上げてから、
吉田や高橋義がゴール前に突進して、
最後には3点目をもぎ取るド迫力。

カウンターの迫力があるからこそ、
押し込まれっ放しにはならない。
連敗止めて気勢の上がる鳥栖は難敵です。

まあ、キーマンの小野が出場停止で、
少し助かりましたが。


浦和の希望スタメン

____慎三____
武藤______マル
____長澤____
__青木__遠藤__
ウガ______橋岡
__槙野__マウ__
____周作____

川崎的4-2-3-1。陽介はお休みで。
マルにはいい機会なので図に乗れば?
青木と航のダブルボランチも見たい。
武藤のウイングがものになるか見たい。
イボルバは槙野に任せたい。

吉田なんか抑えようがないんだから、
逆に、マルにその裏に張らせてしまう。
鳥栖の3ボランチを真ん中に寄せて、
橋岡、ウガを飛び出させたい。

大槻式3-4-1-2、堀式4-1-2-3、
川崎葬った必殺の3-3-2-2。
何でも使いこなせる織部ならできるはず。
ミシャではなかったこんな楽しみ方。

最近、とても楽しいわ。

しっかりホームで勝ち点積んでください。

【展望】ルヴァン杯 ホーム名古屋戦 虎視眈々

展望
05 /07 2018
名古屋も大変そうですが。

4節広島戦の名古屋

__深堀__寿人__
内田______押谷
__秋山__ワシントン_
櫛引______成瀬
__藤井__菅原__
____武田____

降格圏で苦しむ名古屋としては、
リーグ戦と同じメンバーで精度上げるより、
コンディション優先、リフレッシュ優先で、
やはり控え組中心で来そうなルヴァン5節。

前節広島戦は3週間も前になりますが、
この時は、風間式は一旦断念して、
まずは3ライン揃えて、しっかり守って、
前線へロングフィード中心な感じでしたが。

深堀の裏抜けからのゴールで追いついて、
何とか逆転勝ちへと繋げたとはいえ、
本来の目指すパスワークなどとはほど遠い、
何とか結果だけは得ることが出来たという、
そんな印象の試合でした。

ただ、リーグ戦戦うレギュラー陣も、
3点取られるのは当たり前という惨状から、
重心を少し後ろにして、失点抑えましたが、
逆にゴールは遠く、勝ち切るには至らない。

ジョー、シャビエル、和泉、青木という、
開幕当初は破壊力抜群だった前線にも、
全くボールが渡らずに開店休業状態。
後ろの6人と前の4人が繋がっていない。

ルヴァンどこではないのかも知れません。

正直、去年の名古屋の繋ぎは恐ろしく、
出来れば昇格しないでとも願ってましたが、
やはり、J1のプレスは厳しいのかね。

シャビエルへの依存心が高すぎるのか、
ジョーのフィットがあまり進まないのか。

いずれにせよ、リスク覚悟の風間式では、
相当のレベルでゲームを支配できないと、
川崎ですら、守りに回れば脆いぐらいで、
結果を残すのが難しいと思いますが。

中盤でチェイスすれば、ボールは奪える。


浦和の希望スタメン

__忠成__武富__
__直輝__長澤__
荻原__柴戸__菊大
_槙野_マウ_岩波_
____福島____

ぐらいな感じですかね。それとも、

__忠成__武富__
直輝______長澤
__遠藤__柴戸
荻原______菊大
__マウ__岩波__
____福島____

なんて、4バックのテスト始めるとか。

これ勝てば、プレーオフが見えるので、
あまり手を抜くこともないのですが、
早く、次の織部の引き出しも見てみたい。

ミシャ紀に比べるとやり方がシンプルで、
あまりレギュラーとの差が生じなさそう。
ここで活躍できる可能性は増えたし、
橋岡見れば、自分にもチャンスがあると、
全員が思える環境になってきている。

控えが虎視眈々状態のチームは強いです。

今年のカップ戦、結構期待していますが。

【展望】Jリーグ アウェイ鹿島戦 緩い鹿

展望
05 /03 2018
【展望】Jリーグ アウェイ鹿島戦 緩い鹿

織部は気合入ってるでしょうなあ。
久しぶりの鹿スタです。

前節長崎戦の鹿

__むう__ユーマ__
アツタカ______遠藤
__満男__三竿__
安西______ウッシー
__マサコ__番長__
____アゴ____

ACLはGL突破出来ましたが、
当社同様、リーグ戦は浮上できません。

やってることは、例年と変わらないが。

レアンドロ、山本の離脱はあるものの、
西、レオシルバ、土居、PJなどが、
後ろに控えてるから、選手層は厚い。

内田は相当戻ってきているみたいです。
右サイドの崩しが実にスムーズ。
代表復帰も近いんじゃないですかね。

前から嵌めていくのも相変わらず上手。
これ、織部から教わっているところ。
ただ、鹿のうまくいってないのは、
実はここら辺なのかなあと。

強い鹿は、憎らしいほどプレスきついが、
CBは相手掴めず、武蔵も外したし、
PA内で簡単に収められる場面が多い。
出し手に行けないで、簡単にクロス許す。
前でつかまえられないので、
得意のショートカウンターも数えるほど。

なにか、いつもより優しい印象がある。
だから、失点シーンもあっさり感がある。
ある意味、浦和っぽい。

押し込みながら、外で回して攻め切れない、
そんなシーンもよく見かけますし。
中に入るタイミングに狂いがあるのかね。

ただ、まだ工事中の浦和ですから、
楽観も出来ませんが。

川崎戦の浦和

__慎三__ナバ__
__陽介__長澤__
ウガ__青木__橋岡
_槙野_マウ_遠藤_
____周作____

同じで行きそうな気が。
次はルヴァンですし。
武藤がナバと代わるかどうかぐらい。

鹿はCFが落ちて楔を受けて、
SHが中に入って、SBが前に出る、
みたいな流動性が持ち味ですが、
川崎戦みたいにマンマークを基本にして、
上手くスペース空けずに受け渡しできれば、
なんとか凌げるような気もしますけど。

それより、今の鹿には隙が多いので、
チャンスには勇気出して中に入らないと。
リスク管理は大事ですが、
リスク管理に人数割き過ぎては勝てない。

堀式で失ったのは勇気だったのかな、と、
川崎戦見つつ、ぼんやり考えてましたが、
鹿島戦は、自分から勝ちに行って欲しい。

大事な試合だと思います。

【展望】Jリーグ アウェイ川崎戦 ダメもとで

展望
04 /29 2018
勝算はあまり見出せませんなあ。

前節神戸戦の川崎

____小林____
阿部_新大久保_家長
__ネット__大島__
車屋_____エウシーニョ
__谷口__奈良__
____ソンリョン____

谷口の反応の速さ、小林の反転の速さ、
素晴らしかったですわ。

ACLなくなり、連戦は比較的楽ですが。
憲剛、長谷川、守田あたりが、
次は入れ替わって出て来そうですけど。

見てて思うのは、前にかける人数の多さ。
攻撃時にTV画面に必ず6~7人いる。
浦和の試合と見比べると差は歴然。

これはボールを取られない自信があるのと、
しっかり遅らせられる、素早く戻れる、
そういう仕組みが出来上がってるから。

浦和も同じことが出来ていた時期も
あったんですがねえ、短かったですが。

ACLの早々の敗退も、
気持ちの整理ができれば、体力は十分。
広島に走られているとはいえ、
タイトルの最右翼にいることは変わらず。

森保さんや鬼木さんのように、
先代の遺産を大きく育てることのできる、
有能な二代目に恵まれなかったのは、
残念でもあり、羨ましくもあり。

全体でラインを上げて押し込む分、
裏のスペースは広大で、早く攻めたいけど、
相手が帰陣するのを待つ癖が抜けない浦和に、
大きな期待はできない気がします。
まあ、菊大、橋岡の単純突破に期待しますか。

受けてしまうと、回されて消耗しますので、
強く当たること、奪い返すことがとても大事。
ここら辺はお得意そうな織部さんに期待して、
ロースコアの勝負に持ち込めれば、
勝ち点3が欲しい川崎に隙が生まれるかも。

ボール見た瞬間に、裏取られますから、
かわされるの怖がらず、ボールに行って欲しい。

ただ、90分間圧倒的というとそんなことはなく、
結構、相手に主導権明け渡してやられまくる、
不思議な時間帯も必ずあるます。
さすが、サービス精神旺盛なクラブではある。
そこをうまく使いたいところです。

さて、浦和。

希望スタメン

__慎三__武藤__
____陽介____
菊大______橋岡
__青木__長澤__
_槙野_岩波_遠藤_
____周作____

なぜか、青木が干されておりますが、
そろそろお力をお借りしたいところです。
あとは、橋岡以外おらんのかね、というのと、
弱いパスが思わぬ失速するマウが不安なのと。

どうせ中断前は見極め期間なんだから、
陽介のボランチ、KLMの揃い踏み、
あたりも是非お試しいただけないかと。

マルはもう使い道ないんだろうか。

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito