4番の取り扱いについて

浦和レッズ
06 /23 2009
代表重視であるとか、天皇杯いないであるとか、
メディア向けの脇の甘さも相俟って、
何かとバッシングの標的となりやすい闘莉王ですが、

どの話も、事実無根・・・・・・でもありませんのでお好きにw。

彼を中心に出来ていたゲルトサッカーはともかく、
これまでの浦和のサッカーに、彼は馴染んでいたました。
ひとり余る3バック、自由な攻撃参加、多用するロングフィード、
まさに、水戸での芸風を、そのまま持ち込めたのは幸運でした。

足元のうまさ、フィードの正確さ、厳しく容赦ないコーチング、
そして何より、日本一とも思える空中戦での強さ。
敵に回すのは、嫌な選手です。

しかし、彼は、フィンケの作るフレームワークに、
うまく、適合できなくなってきているように見えます。
高い決定力を持つ彼の攻撃参加は、貴重な戦力ではありますが、
逆襲受けてもチンタラ戻る、もしくは前線にドカッと居座る姿に、
苛立ちを感じる方も多いことと思います。

また、今年、暢久のCBとしての潜在能力を見せつけられ、
それと比較される中、ラインコントロールやスピードといった面で、
4バックへの適応能力が疑問視されたり、
去年、ゲルトにボランチ、トップ下、FWとして起用された際、
運動量の少なさやスタミナのなさ、マークがいるときの消え方など、
やはり、本職FWとの能力差を浮き彫りにされたりする中で、

この男には、何が向いているんだろう、

ということが、よくわからなくなってきました。

弱いクラブで、攻守両面の中心として、
王様扱いされるのが、一番いいんだと思いますがね。
浦和は、もうそんなクラブじゃないしね。
彼は、責任感が強いから、全て自分で背負い込もうとしてします。
まあ、それで、すべて中途半端になったりするんですが。

酷使すれば、すぐぶっ壊れちゃいますし、
意外とナイーブなので、ブーイング大嫌いですし、
やわな部分もあるので、余計に取扱が難しい。

いいやつなんだけどね。

ただ、フィンケが彼の攻撃参加を否定している気配はありません。
彼が、しっかりとコンディションを戻して、
長短の精度の高いパスを駆使し、スペースが開けばドリブルで突進し、
時折、前線に飛び出せば、確実に相手のバックラインは混乱します。

そのメリハリと精度なんじゃないかな、と思うんですけどね。
彼は、算数が得意な「クレバーな」選手ですから、きっとできるでしょう。
暢久にいつまでも、頼るわけには行かないし、
彼が、早くナビスコメンバーに追いついてくれることが、
今のフィンケの、一番の願いなんじゃないかな。

機能しちゃえば、これほど心強いやつはいないんだから。

代表重視も、愛するママンの反対押し切って、帰化までした彼が、
この南アフリカにかけている心情は、理解できます。

1回出たら、落ち着くだろ。
12月に帰っちゃうのは、・・・・まあブラジル人だし、ロビーの方が例外。

もう、見捨てちゃっている人も多いかもしれませんが、
もうちょっと、赤の4番、支えてやらなきゃな、と思ってます。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito