オージーの壁

日本代表
06 /18 2009
消化試合とはわかっているんですが、
なんか、力入りました、この試合。
カイザースラウテルンでの出来事というのは、
多少、トラウマ化しているんですかね。

最終予選無失点の厚い壁を破って先制点決めながら、
豪州の反抗を支えきれなかった闘莉王は、
やっぱり、悔しかったんでしょう。

遠藤・長谷部というリンクマンを欠いた日本を、
得意のロングフィードで活性化させながら、
珍しく、攻撃参加後もすばやい戻りを見せていた、
闘莉王の孤軍奮闘といった試合でした。

キリン杯を終え、真剣勝負に突入してから、
憲剛システムは、まったく機能していません。
やはり、コンセプトの見直しは必要なようです。

前線で、ポゼッション奪って、いくらボールを回しても、
体格に劣るアタッカー陣が、ゴールをこじ開ける気配は乏しく、
待ち構える大男たちに、クロスを跳ね返される繰り返し。
いくら敏捷性に優れていても、
細かいパスでの中央突破など、可能性はゼロに等しい。

ボールを保持しながら、縦にボールを往復させておびき出し、
相手の陣形を、前後に間延びさせることが出来れないなら、
相手の陣形が整わないうちに、裏を狙うしかないでしょう。

チリ戦で岡ちゃんが口にしていた、アーリークロスとかね。

チリ戦2点目の岡崎の抜け出し、
ベルギー戦4点目の矢野の飛び込み、

ああいう、早めの勝負に活路を見出すしかないのかなあ。
状況は、浦和も似たようなもんなんですが。

そういう意味で、やたら溜めたがる玉田は微妙。
大久保、岡崎、矢野あたりも、そんなピンポイント勝負の方が、
生きてくるんじゃないですかね。

それでも、堂々の2位通過。
主力メンバー落とした中、健闘してくれました。
これからのことはまた考えるとして、お疲れ様でした。

いま、絶好調である必要はないですしね。

豪州、日本、韓国、北朝鮮が、まず出場権獲得。
中東の連中と中国が入らなかったのは、とりあえず気持ちいい。
レベルの低いアジアの4.5枠には、多少議論もありますが、
もらえるものは、ありがたくいただいておけばいいんです。

また、世界のサッカー、体感させてもらおうじゃありませんか。
韓国みたいに、何度でも何度でも、W杯で負ければいいんです。
どうせ、計算して勝てるような相手ではないんですから、
周囲も、出来ないことを期待しすぎ。
ただ、がむしゃらにぶつかって、楽しんでくればいいんです。

世の中に、”計画的な番狂わせ”など、ありませんからね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

AC/DC聴いてたら、OZに勝てる気しなくなってきました。。。。

ガチンコ日韓戦再開希望

>あにき
今、結構、馴れ合ってるから、昔ほど殺伐としないんでしょうねえw。でも、希望。

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito