明日も爺ちゃんとともに

浦和レッズ
06 /12 2009
ナビ大宮戦前日の爺ちゃんのコメントから(オヒサル抜粋)

(ドイツブンデスリーガの)いくつかのクラブから『今すぐ監督としてこちらに来てほしい』という話がありました。これは事実です。しかし、私は契約は守るべきだと思いますし、ここでの仕事に非常に大きな喜びを感じていますので、そのオファーには興味がありませんでした。ですので、『自分はこのクラブ(レッズ)を離れようとは一切考えていない』ということを、問い合わせのあったブンデスリーガのクラブに対してもはっきりと伝えました。このクラブ(レッズ)の幹部に、『ここでの契約を解除してドイツに帰ってもいいですか?』などと聞いたということも一切ありません。

愛しています、爺ちゃん。

これだけの手腕を見せ付けられれば、
今後も世界中からオファーが来るでしょう。
いつかは、お別れしなくてはいけない日も来るでしょう。

でも、今は、僕らの愛するクラブを離れないと言ってくれる。
今の仕事に非常に大きな喜びを感じてくれている。

許されるのであれば、1年でも長く一緒にいて欲しいと思います。
・・・そうですね、・・・贅沢はいえませんから、
・・・爺ちゃんにも都合あるでしょうし、

・・・出来れば30年ぐらい。

このような幸せな時間を、浦和だけが過ごせていることを、
本当に申し訳ないなあ、と、・・・微塵も思いませんが、
僕らも、少しでも、この感謝の気持ちを伝えたいものですね。


明日は、勝ち点3、絶対取らなきゃね。
そして、明日もいつもどおり、精一杯チームを後押ししましょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

明日はセントレアなので、埼スタにはいけまへんがなぁ~、
と突っ込み入れたくて覗いてみれば…。

呼ばれたわけではないのですねー、赤ちゃん!
(うーっ、この響きいいなー、アカチャン!)

>じ~じさま
爺ちゃん違いか。
こんなえぐい赤ちゃんでいいんでしょうかw。

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito