浦和のまめしばから、日本のテディベアへ

浦和レッズ
05 /28 2009
マルディニもついに引退ですか。
横国で、彼に盛大なブーイング食らわして、
周囲の和製ミラニスタを唖然とさせたのも、今はいい思い出です。

さて、今朝のスポーツ各紙。
それにしても、勝敗の行方が決した後の、
単なるアシスト一発で、日本中大騒ぎだな。

日本のスターシステムの完成度は高いな。

まあ、直輝の実力から考えれば、
これぐらいのことでで騒がれてもなあ、とやせ我慢。
玉田との交替、なかなかジャージが脱げなかった場面、
緊張した試合の最中に、監督はじめ満面の笑み。
チーム全体の肩の力を抜く、癒し効果は絶大でした。

末っ子が頑張れば、お兄ちゃんたちも頑張るわけで。
そんな、やわらかいムードも、圧勝の一因だった気がします。

まあ、チリがしょぼすぎたな。

岡崎と本田の出来には、感心しました。

岡崎は、地味な印象のわりには、
クラブでも代表でも、きっちりと結果を積み上げています。
この日の2点も、FWとしての仕事を忠実にこなしていましたし、
裏に抜けるタイミング・スピードは素晴らしかった。
よく「泥臭い」といわれますが、十分スマートで美しいゴールでした。

本田も自分の特徴をうまく生かせるようになっていました。
走らないとか守らないとかいうイメージがありましたが、
そこが飛躍的に改善されたというより、
先制点に絡むミドルなど、得意の左足から有効打を打ち続け、
最後にカーブをかけてねじ込んだシュートには凄みさえ感じました。

2人とも、無駄な部分が少なかった印象。
ベルギー戦でのほかの選手の出来次第ですが、
本番でも使える目処は立ったと思います。
後藤さんはそうは思っていないようですが。

この日の試合は、2人のものだったような気がします。
直輝はまだまだ、これから伸びるところです。
こんなもんで終わってもらっちゃあ困る。
長く輝いてもらいたいもんだね。

誰が、オードリーの春日やねん。


そして、深夜にはCL。眠いです。

あれほど、何もさせてもらえないマンUというのも珍しいですが、
スコア以上の、バルサの圧勝でした。
急造なのに、普通以上にこなしてしまう、SBプジョルに脱帽。

ユーロのスペインみたいでしたね。
フィンケも、ここら辺を目指しているんでしょうか。

ただ、フェリペのチェルシーのように、
パス回しで調子こきながら、ドン引きされた途端に手詰まりになり、
カウンターで瓦解するようなこともあるわけですが、

バルサが準決勝で苦戦した、ヒディングのチェルシーを見習わず、
ラインを下げずに打ち合いに応じたマンUもまた立派。
まあ、だからあっさり2点取れちゃったわけですが。

浦和に足りないのは、やはり「個」なんだろうか。

「個」を脇によけ、「集団」で戦うサッカーは楽しいですが、
バルサは、同じパスサッカーでも、
一人でサイドを崩し、一人で点が取れる強烈な「個」が、
「集団」になってパスを回すから強いのであって、
メッシやエトーが、エジや高原だったら、
いくらイニエスタやシャビがボールつないでも、点は取れないんだろうな。

パスがきれいに回って、圧倒的なポゼッションを奪っても、
チャンスの数だけが、闇雲に増えていったとしても、
相手の最終ラインを破ることが出来ずに、ゴールを割ることが出来ずに、
良くて引き分けを繰り返すことだって、十分考えられるわけで。

かといって、シトンクラスを装備しても、元に戻っちゃうしなあ。
Jで、「個」で「集団」作れたら、無敵なんだろうけど。

堂々巡りなんだな、これは。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

本田圭佑

【TSUTAYA 収録 & 宝地図ナビゲーター2期 ほぼ満席】 本田健さんも絶賛の宝地図と宝地図ムービー ■ 宝地図セミナーと宝地図ムービーの実際を ★動画★でぜひご覧くださいね。 ⇒ http://www.takaramap.com/ (宝地図・徹底活用セミナー) ⇒ http://www.takaramap.com...

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito