【TV観戦記】Jリーグ 鹿島1-0浦和 強豪になりたい

TV観戦記
11 /12 2017
とりあえず、狩られてしまいましたが、
鹿国遠征隊の皆さま、お疲れ様でした。

ゴール

80分 レアンドロ

鹿島

__土居__むう__
レアンドロ_____遠藤
_レオシルバ__三竿健_
山本______西_
__昌子__植田__
____アゴ____

78分 土居→鈴木
81分 遠藤→伊東
88分 レアンドロ→永木

浦和

____慎三____
ラファ______武藤
__長澤__陽介__
____青木____
ウガ______遠藤
__アベユ__マウ__
____周作____

74分 青木→ズラ
83分 陽介→トシ
88分 武藤→森脇

遠征もせず、ボーっとDAZNでしたが、
何もかかってない試合はやはり寂しい。
そうした相手に終盤転ばされてきたのは、
やはり、自滅でしかなかったんだろうなと。

良くも悪くも安定した戦い方でしたが、
必至に背走する陽介見ながら、
ファーが足りてないなあ、と思ってたら、
しっかり西にそこまで通されて万事休す。

ミシャのアンバランスな戦い方の方が、
こと、鹿に関しては、やりにくそうです。
逆に、当たり前のチームには滅法強い。
あまり勝機は見出せませんでした。

上がれ上がれと言い続ける監督がいなければ、
自分では、勇気持って上がれないというのも、
困ったものではありますが。

一方で、ACL決勝を控えて、
もし、ミシャ式と堀式を選べるとしても、
タイトル獲るなら、堀式に可能性を感じる。

やはり、アンバランスな奇策というのは、
強者をスポット的に倒すことができる、
弱者のサッカーなのではないかなあと思う。

優れた監督、優れた選手が揃っていて、
それらがチームのためにハードワークできる、
それがタイトル獲るための前提条件。
戦術というものは脇役に過ぎない存在で、
それに寄りかかるものではないのでは。

サイクルとか賞味期限とか言われるのは、
そのベースの部分があまりに浅いから。
ミシャ式というメソッドには、
少し普遍性が欠けてるような気もします。

大好きですけどね、彼のサッカーは。

今の堀式では、前線が孤立し過ぎていますが、
2008年の高円宮をつぶさに見ていますから、
きっと、改善されていくと思っていますがね。
少数派なんでしょうけど。

せめて、ACL終わるまでは、
しっかりみんなで背中押して欲しいですけどね。

このメンバー、いつまで見られるか、
わかりませんしね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito