アウェイ大宮戦 控えの意地がもう少し見たかったな

観戦記
05 /25 2009
あいにくの小雨模様の日曜日。
大宮戦は雨が多いという印象があるなあ。
なんて思ってたら、試合中は晴れてましたが。

封鎖され、圧縮されるゴル裏が息苦しいので、
埼スタアウェイは、実は昔からメイン・バックが多いのですが、
この日も、カテ2バックからの観戦。

19歳の女子高生が、かたくなにいつもの席に陣取っててワロタ。

開門から1時間も過ぎれば、だいぶはけたかな、
と、余裕の社長出勤でしたが、甘すぎました。

一時間は軽く過ぎてましたが、待機列1列目がはけたぐらいで、
2列目、3列目が一杯となり、4列目スライドさせるスペースがなく、
なんと、3列目最後尾から折り返し、北門までgdgd伸びちゃいました。
折り返した”4列目”に並ぶ人たちの、不安の叫びが笑えました。
そりゃあ、不安にもなるわ。

P5240001_convert_20090526215858.jpg P5240002_convert_20090526215954.jpg

1~2列目をすばやく捌ききれなかったのが、直接の敗因ですが、
客観的に見たら、大宮の運営、がんばっていたような気もしますよ。
やっぱ、うちの人が多すぎるんだよw。
南門の半分でも、使わせてもらわないと捌けるわけないし、
そこは、ホームチームとしては、ゆずれないだろうしな。

構わず南門から突入した人が勝ち組か。

そんなことはどうでもいい。

大量のタダ券と、しょぼいビブスによって、
それなりにオレンジに染まった埼玉スタジアム。
必死に振り回されるタオマフは、少しきれいでした。

P5240023_convert_20090526220721.jpg P5240026_convert_20090526220754.jpg

封鎖されたカテ4アウェイ区域以外は、コンコースの行き来自由。
もともと、食い物に関しては、大宮の方に分がありますので、
なかなかの品揃えに、食欲をそそられました。
腹壊してたので、残念ながらなにも食べませんでしたけど。

P5240005_convert_20090526220030.jpg P5240014_convert_20090526220103.jpg

メインアッパー以外は開放して、入場者数は37000人以上。
もう少し貢献したかったですが、まあ、あとは大宮サポさんの責任だし。
でも、埼スタで開催してくれて、本当にありがとう。
埼スタでやってくれる限りは、降格しないで欲しいと心から思います。

またナクスタ使うんなら、一刻も早く消滅して欲しいですけどね。

試合前のダンマクアニメーション。
無事に栗鼠さんがゴミ箱に格納されたわけですが、
一部、あまりセンスの良くないゲーフラも掲げられていたようで、
ヒートアップするのもいいけど、品がないのはどうもね。

P5240016_convert_20090526215033.jpg P5240017_convert_20090526215112.jpg P5240018_convert_20090526215145.jpg
P5240019_convert_20090526215247.jpg P5240020_convert_20090526215320.jpg P5240022_convert_20090526215351.jpg

例年、どうも、あの手の煽りに違和感があるんですが、まあ、部外者だからいいや。

浦和は、出場停止の直輝に代わって、高原が先発。

自分の周囲も、高原に対する空気というのは、非常に冷たくなっています。
不発だった去年をも下回るパフォーマンスに、失望感が広がっています。

確かに、速さや強さが感じられないのもわかりますが、
サッカーに詳しい先生方が、見ちゃいられないのもわかりますが、
この日の高原、随所に気持ち、強く感じたんですけどね。
気を抜いているわけではない。きっかけさえ掴めれば、必ず浮上できるはず。
浦和にいる以上、大切な仲間ですから、彼の覚醒を信じていますよ。

元来、ひねくれ者ですからね、僕は。
まあ、同じこと言ってて、伸二は復活しなかったけどなw。

闘莉王がアクシデントで、とっとと退場。
あ~あ、と思ったら、フィンケ先生、名采配。
阿部ちゃん下げて、萌上げて、左サイドにアレ投入。

この日の大宮は、ロングフィードからのカウンター狙い。
数かけて、押し込んで、サイドを崩すような感じではなかったので、
左サイドの守備面のプレッシャーはさほどでもありませんでした。
アレの起用は的を得ていた気がします。

そういえば、マトのロングフィードが、あさっての方向に飛んだとき、
バックロアー後方から、「的はずれ~!」の声。
誰がうまいことを言えと・・・www。

ボランチをやりたかった萌と、試合に出たかったアレが躍動し、
一人出したのに、二人フレッシュな選手が入ってきたようなもの。
阿部ちゃんも、しばらくしたら慣れてきたようで、まさに怪我の功名。

メンツが落ちたとはいえ、それでもポゼッションは浦和。
他チーム同様、大宮も浦和のパスサッカーを掴まえられません。
しかし、逆に闘莉王の退場で気の利いたロングボールに、
裏を脅かされることもありませんので、
安心してDFラインを上げて、コンパクトに3本のラインを束ねます。

そして、ボールを持てば、2トップの速さを生かしたカウンター。
2トップに負けない、足の速さを見せたパク・ウォンジュ。
暢久に走り勝ち、切り返しで置き去りにして、
中央に放ったクロスが、ツボの脚に当ってゴールマウスへ。

これは、まあ、しゃあない。

その後も、後半へたばるまで、一貫して速攻を繰り返し、
浦和ゴールを脅かし続けました。
与えたセットプレーは少なかったので、
マトの脅威は、最小限に食い止めることが出来ました。

1点で済んでよかった。

1点を追う浦和は、前がかりになるので、リスクが増える。
当たり前すぎて、文句もありませんが。
責任を感じたツボが、時折激しいオーバーラップを仕掛けますが、
誰にも見向きもされません。ボール出してやれよ(涙)。

中盤では、よく数的優位を作って、相手を挟みこめるのですが、
最終ラインでは、なにかとボールホルダーとの1対1の場面が多く、
中盤がみんなでは、ボールをただ待っているように見えることがあります。
だから、奪ったあと、前に運べるとも言えるのですが、
どうも、危なっかしい。

前への推進力もいまひとつ。
直輝がボールを持つと、全員がスッと2~3m前に出るのですが、
啓太がボールを持つと、全員がスッと1~2m下がりますw。
変なスイッチ入れんなよ。

点の取り方も、まだ見えてきません。
サイドは崩せているのですが、そこに2枚3枚かけているので、
真ん中が足りない。

いや、足りないというより、待ち構えている相手に競り勝つには、非力。
だから、大概ははね返されます。

やっぱ、そこを狙わないと。
阿部ちゃんは狙ってますが、啓太は散らすは戻すは・・・。
しかし、萌はいつも、ぶち込む気満々で突っ込んできます。

見事な同点弾でした。

しかし、今日はここまで。
ロスタイムには大騒ぎでしたが、もっと早くできなかったのかと。
闘莉王退場で、フィンケ先生も、2枚目3枚目の投入には、
慎重にならざるを得なかったか部分もあるかもしれませんし、
GK以外は実質MF6人というベンチメンバーでさしたるオプションもないですが、
元気とセルのガス欠は明らかでしたから、もう10分早くても・・・。

林くんは存在感出しましたが、峻希はどうも合ってないな。

控え選手が、レギュラーとの差を見せてしまった試合でした。
中断明けに、ベストメンバーが戻ってきたときに、
彼らをあっさりピッチに復帰させて、いいのかな。
もう、戻るところなどないことを示す、いいチャンスだったのにな。

P5240012_convert_20090526220220.jpg P5240024_convert_20090526220150.jpg

ナビはさらに厳しい人繰りになりそうですが、
人が減ったから、サッカーの質が落ちるのは、
フィンケのコンセプトとは、やはり違いますよね。
役割が与えられ、目指すべきところが明確にされても、
そこにたどり着くことが出来なければ、後がありません。

ナビのホームゲームが3試合あります。
一方、海外の移籍市場が開きます。

もしかすると、そう多くの時間は残されていないかもしれないよ。

P5240029_convert_20090526220829.jpg P5240030_convert_20090526220923.jpg

別に悪い試合じゃないでしたけどね、今日も。
悲観するような要素もない、着実に階段は上っていると思います。
でも、まだまだ、内容はいいけど勝ちきれない、そんなのが続くのかな。
日本の夏、・・・・・今よりさらに動けなくなることは明らかなんだよな。

P5240031_convert_20090526220954.jpg P5240032_convert_20090526221025.jpg

試合後の南広場。
アフターバーがないと、寂しいですね。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

赤人さま

前にもコメントしたような気もするけど、CBの外人さんと、
アジア枠でSBを取ってほしいなー。

韓国にいいサイドバックいませんかねー?

>じ~じさま
そんなに強くなったら、愚痴れないじゃんw。

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito