【TV観戦記】Jリーグ 甲府0-1浦和 久々のクリーンシート

TV観戦記
08 /11 2017
つつがなく、関根を勝利で送り出すことが出来ました。
まあ、別に負けたから送り出せないということもないのですが。

ゴール

19分 柏木

甲府

_ウイルソン__ドゥドゥ_
_田中____小椋_
阿部__島川__松橋
_リマ_新井_新里_
____河田____

72分 松橋→橋爪
77分 阿部→高野
83分 田中→河本

浦和

____ラファ____
__慎三__武藤__
菊池______関根
__アベユ__陽介__
_槙野_遠藤_森脇_
____周作____

73分 陽介→ヤジ
79分 慎三→忠成
83分 関根→駒井

陽介のテクニカルなループで先制した前半に、
浦和がさほど前に体重かけなくても甲府を押し込み続けられたのは、
多分に、甲府の腰が引けていたせいではないかと思います。

吉田さんの言うように、全く崩されていない中で、
正面から頭を超えられた陽介の一発のダメージは大きかった。
まだ時間はあるし、猛暑の中、焦って裏を空ける時間でもなかった。

一方、浦和はしっかりボールを繋げていたのは運動量のおかげ。
しかし、そのつけで、後半に足が重くなることにはなりましたが。
1点しか取れなかったのは、ラストパスの精度の部分。
少しずつずれ続けてましたが、これが合ってくればもっと点は取れる。

決して守備偏重で切れ味が落ちたせいではないと思いますが、
甲府得意の横に長い5-4-1のシステムではなく、
5-3-2の2列目3枚のスライドで対応できていたのを見ると、
浦和の両ストッパーが上がりに迫力を欠いているのかも知れませんが。

後半の甲府の攻勢に、ちょっと手も足も出なくなった浦和を見て、
甲府ごときに、と思ってしまいがちですが、
リマが本領発揮し始めた今の甲府は、正直そんなに弱くない。
長いこと点取れなかったのは、浦和が点取られなかった時期と一緒で、
ただの偶然だと思いますが。

吉田さん仕込みの繋ぎもどんどん良くなっていますし、
元々そんなに簡単にボールを失うようなイメージはありません。
ただ、中央に島川を据えて、田中・小椋と組ませることで、
セカンドボールの回収力が上がり、波状攻撃はかけられますが、
逆に兵働を使わないことで、展開力欠きブラジル人頼みになるかな。

甲府の両ストッパーや阿部しょーあたりからいいボール出てくるので、
怖い場面は量産されてしまいましたが。

まだまだクリーンシートは運に助けられた部分もあると思いますが、
それでも、追うのを諦めてキャプテン・航任せになるシーンは少なく、
最後に体を張れば、低セーブ率に苦しむ周作もコースが読める。

いい試合、いい守備だったと思います。

堀さんのトライしていることが正解かどうかはわかりません。
両サイドが上がり切らず、シャドウの守備負担が大きくなり、
リスクをかけての破壊力ある攻撃というストロングポイントを弱め、
サッカーを小さくして、積み上げたものを失っているのかも。

それでも、弱点の明確なミシャのサッカーを長く見ていたからこそ、
それを生かしながらマイナーチェンジできるのは堀さんだと思う。
しっかり守りの強度を鍛え上げて、攻めの精度を磨き抜いて、
勝負どころでギアを上げられるようなチームになって上目指すなら、
この体制でどこまで行けるか、黙って見守らないとなと思います。

まあ、あの暑さならあんなもんでしょ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito