【展望】Jリーグ ホーム大宮戦 巻き返し

展望
08 /04 2017
5年半一緒だったミシャが去って、再びリリーフの堀レッズ。
毎年成績は上がり続けてはいましたが、そこに新鮮さはなく、
正直言っていつも閉塞感しか感じられませんでしたので、
堀さんのできることに限界はあるでしょうが、
今は、新しいことが始まる楽しみしかない。

選手の入れ替えが劇的に進むのは、今後の補強次第でしょうが、
タスクを整理し、単純化し、頭を軽く出来れば走れるようになる。
普段は邪心だらけのダービーも、いいきっかけにできるのでは。

神戸戦の大宮

____江坂____
大前______マルセロ
__アーリア__茨田__
____大山____
和田______岩上
__菊池__河本__
____順大____

先制されると

__マルセロ__江坂__
マテウス______横谷
__茨田__大山__
和田______岩上
__菊池__河本__
____順大____

柏に逆転負けして渋谷さん解任。コーチの伊藤さんが後任に昇格。
ルヴァン磐田戦を挟んで、鳥栖にドローで一息ついて、
新潟、広島と残留争いの直接対決で連勝して降格圏脱出したものの、
横浜に力負けし、札幌には2点差を劇的な追いつかれ方して、
前節神戸戦では、ポルディのいい引き立て役に。

福森の2発で解任ブーストを止められてしまった感じです。

ベースの陣形は4-1-4-1。大山アンカー、江坂1トップ。
済州から加入したマルセロは大前とSHで両翼を形成。
アーリアと茨田のIHは、大山を孤立させないよう交互に気配り。

2列目4枚は流動的にポジションを入れ替えていましたが、
大前とマルセロはもっと中にいた方が怖さがあるような気も。
マテウス以外はさほど縦に速くないので、カウンターに威力は半減。
しっかり、外から崩していきたい感じなんでしょうか。

ただ、ダービーの時、どんどん前からチェックに来ていましたが、
暑さで運動量が維持できないのか、今は引きこもり気味の守り方。
ボールサイドのSHが下りて、時々5バック気味に構えていました。

浦和の場合、マークはっきりさせる意味で大山が下がるかもですが。

先制されると、横谷、マテウス投入して、お馴染みの4-4-2。
この方が、江坂も孤立しないし、気持ちよさそうに攻めてましたが。
マルセロの同点弾も、この形になって生まれてましたし。

ただ、すぐにサイド抉られ、ポルディに勝ち越しヘッド決められ、
得意の4バックに何か問題でもあるのかも知れません。

守ってカウンター、という路線には変更ないんでしょうが。


一方の浦和は、まず1試合してみないと、全くメンバーがわからん。
それがまあ、この上なく楽しみではあるんですが。

あえて予想してみると

____慎三____
__ラファ__武藤__
ウガ______関根
__長澤__陽介__
_田村_アベユ_遠藤_
____周作____

ボランチで決していい出来ではないアベユを下げて、航は右に。
札幌戦の9人攻撃のスイッチは、航だったと思っていますので。
槙野と一緒に、森脇も一度外から見た方がいいのではないか。
消耗激しいサイドの控えが手薄なので、ウガは1列下げない。
陽介を下げたいけど、離脱中の青木待ちでは。
田村は出てもいっぱいいっぱいでしょうが、今後への布石で。

控えのパフォーマンスが上がらないのは、経験不足だと思います。
必ず一人二人戦線に加え続けることを怠れば、化学反応は起きない。
菊池も、ヤジも、長澤も、トシも、涼太郎も、
痛い目に遭ってこそ、浦和に貢献できるように成長できると思う。

堀さんなら、できると思いますがね、そういうマネジメント。

もちろん、早く勝ち点40に乗せて安心したいし、
夏休みも取らずに2月3月に備えてるんだから、ACLも出たい。

結局は、今のメンバーを超えるような補強が出来なかったからだし、
とても仕事しているとは思えない強化部には腹が立ちます。
マウリシオは取りましたが、イリッチの二の舞だってありうる。
でも今は、今のメンバーで戦い抜くしかないんですから、
心が病んでるレギュラー組を、控えが片っ端から引き摺り降ろして、
正しい競争を、自分たちの力で成し遂げて欲しいですわ。

巻き返し、始めますよ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito