【観戦記】天皇杯 浦和1-0熊本 うまくいかないことの大切さ

観戦記
07 /12 2017
いい試合だったんじゃないかと思うんですけどね、
個人的には。

ゴール

45+2分 トシ

熊本

____グスタボ____
__木木__嶋田__
片山______齋藤
__三鬼__上原__
_植田_米原_小谷_
____野村____

62分 林→田中
66分 グスタボ→モルベッキ
83分 齋藤→巻

浦和

____ズラ____
__トシ__ウメ__
菊池______駒井
__青木__ヤジ__
_田村_遠藤_長澤_
____榎本____

HT 菊池→武藤
66分 ズラ→アド
72分 ヤジ→ウガ

熊本はレギュラーで来てるのはベンチのGKとDFの2人。
リーグ戦で厳しい位置にいるだけに、完全ターンオーバー。
浦和との対戦は楽しみですが、優先順位は下げざるを得ない。

浦和も11人全入れ替えを敢行。
ヤジと5バックはかつてのJ2オールスターズの趣き。
盛岡戦とほぼ同じメンバーで、今度こそ輝きたいところ。

しかし、結果として見るべきものはほとんどない低調なゲーム。

前線にはボールは収まらないから、サイドもいい形で絡めない。
ヤジも相変わらず前を向けないから、ビルドアップも停滞する。

菊池が意地見せて裏狙ったり中入ったりとトライしてましたが、
肝心なところでボールが足につかずに、好機を生み出せない。

そんな中で、点が入るとしたらセットプレイぐらいでしたが、
前半終了間際、トシがとんでもない無回転FKをぶちこみ先制。

やはりこらえきれなくなったミシャが、後半から武藤を投入。
武藤も最初から格の違いを見せつけ、前線も多少活性化しましたが、
それでも、熊本の真摯な5-4-1を崩し切るところまで至らず。

ただ、こういう試合もいいなと思いながら見ていました。

ダメならダメで、ダメな自分たちをどうせこんなものと受け入れ、
出来ないことは出来ないと腹を括り、できることを実直にこなす。
そういった割り切りというか、不思議な落ち着きを感じました。

たとえピンチを迎えても、相手の選択肢を一つ一つ消していく。
ミスをしても、ミスを重ねさえしなければ、失点することはない。
うまくいかないことに苛立ち、がっかりし、怒ったりする間に、
淡々と次の作業に取り掛かっているから、対応が間に合う。
落ち着いて、恐れたり慌てたりしないから、正しい選択をする。

そんな風にピッチの中が見えていたのは、
そろそろいい先生に診てもらわなくてはいけない時期が、
やってきているからかも知れませんが。

気が付けば、レギュラーもなかなかできないクリーンシート。
試合をうまく活性化できませんでしたが、
逆にリードした局面で、無駄に波立たせることもしなかった。

一人一人の出来には不満が残る塩試合かも知れませんが、
チームとしてゲームを締め、結果を掴んで離さなかったことは、
評価されるべき部分なんじゃないかと思いますがね。

ミシャの交代もメッセージ性に富んでいたかな。

武藤の動きを見てごらん?
ウメがWBなら、どんな攻め方するのかな?
ウガのストッパーのどこがいいと思う?
長澤は、ヤジとどこが違うかな?

懲罰ではなく、経験とテストを繰り返すことで気づくことがある。
まだまだミシャには教えてもらわないかんことが、あると思う。

いつもうまくいくわけじゃないんですから。
とりあえず、次に進むことが出来てよかった。ナイスゲーム。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito