【TV観戦記】Jリーグ 鳥栖2-1浦和 ここはひとつ深呼吸でもして

TV観戦記
06 /29 2017
もうあまり覚えてませんが(クルクルしてたので

ゴール

65分 小野
90分 福田
90+5分 忠成(PK)

鳥栖

__小野__イバルボ_
____鎌田____
_原川____福田_
____高橋____
吉田______小林
__青木__キム__
____権田____

30分 原川→田川
66分 小野→藤田
85分 イボルバ→池田

浦和

____ラファ____
__慎三__武藤__
関根______駒井
__アベユ__陽介__
_槙野_遠藤_森脇_
____周作____

72分 武藤→忠成
81分 ラファ→ズラ

必ずしもゲーム内容が絶望的であったわけでもないです。
惜しいシーンもそこそこ作れていました。

確かに失点を恐れていつもより慎重に構えるあまり、
本来の小気味いいパス回しが影を潜め、縦パスも入らず、
何とも重たいサッカーになってしまってはいましたが、
危ないシーンを何とかしのいで、前半はスコアレスで推移。

後半になると、鳥栖の中盤が次第に間延びしてスカスカになり、
浦和がボールを持てる時間が長くなりました。
いつゴールが入ってもおかしくない状況でしたが、
悪い巡り合わせの時はこんなもんなんでしょうか。
CKのワンチャンスを小野に決められ、重い重い先制点。

その後、リトリートして5-3-2で構えた鳥栖相手に、
スペース埋められ、中央固められ、
戦局の打開は難しい状況になってしまいました。

打つ手のないまま、ボール持たされ、
バックパスを攫われるいつものパターンで失点を重ね、
PKで1点返すのが精一杯でした。



まあ、命取られるわけでもないので、
そんなに取り乱さなくてもいいと思いますが。


ミシャは、答えを探してるところだと思うから、
もう少し待ってあげればいいと思うんです。

優勝も、ACLさえも一旦遠のいてしまうかもしれませんが、
ここで地に足付けて、チームを見守ることは、
本当に大事なことだと思うんです。

得点力が上がり、楽して勝てるようになって、
逆に苦しんで勝つことを忘れてしまったのかも知れない。
各クラブに分析され、的確な対策を打たれ、
ミシャのサッカーが壊され始めてるのかも知れない。

でも、
忘れたのであれば思い出せばいいし、
壊れたのであれば作り直せばいい。

時間がかかっても、急には戻らなくても、
高いところから、さっさと来いやと顎で呼ぶんじゃなくて、
低いところから、おしりを押してやらんといかんのです。

シーズンはまだ半分行ってないわけですし、
深呼吸して、目の前の試合に向かっていけばいいです。

潮目は必ず変わりますから。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito