【観戦記】天皇杯 浦和3-2盛岡 初戦突破

観戦記
06 /22 2017
まあ、天皇杯初戦は勝てばいいんです。

ゴール

29分 ズラ(PK)
53分 林
63分 ズラ
79分 アド
90+3分 谷口

盛岡

____谷口____
__岩渕__梅内__
八角______鈴木
__林___垣根__
_森__福田_畑本_
____土井____

68分 岩渕→菅本
74分 森→井上
86分 林→谷村

浦和

____ズラ____
__トシ__ウメ__
トシ______ヒラ
__青木__ヤジ__
_田村_那須_長澤_
____エノテツ____

HT ヤジ→駒井
HT 菊池→ラファ
61分 トシ→アド

17時過ぎに会場入りした頃には激しかった雨もほとんどやみました。
駒場に来るのも2月のソウル戦以来。すっかりご無沙汰しております。

盛岡はベストメンバー。低迷するJ3リーグよりやる気出るんでしょう。
林くんはあの林くん。畑本くんは浦和ユース出身。岩渕はまなぶちの兄。
林くんも試合後握手しに飛んできましたが、知り合いがあまりおらず、
ヒラさんとウメちゃんに馴染んでおりました。

試合は全般的に盛岡が押し込む展開。
さすがにこう何度も天皇杯初戦を見てくると、その難しさは感じます。
同じプロが、失うものなくしゃかりきに前に出てくれば、
試合に出てないサブメンバーでは、そう簡単に押し返せるもんでもない。

それでも、2点は取られましたが、盛岡の決定力を考えれば、
90分間、結構余裕持って眺められた試合ではありましたが。

盛岡は普段のリーグ戦では見せないような5バックでのハイライン。
中央が弱いので、ショートパスでの中央突破が効果的なんですが、
急造の3トップにそんな連携は期待できず、裏狙いの一辺倒。

しかし大原でハーフコートのミニゲームしかやってない連中に、
相手のDFの背後を狙うような攻め手があるとも思えず、
前はボールを引き出せず、後ろは出しどころに迷って横パスを重ね、
前が焦れて動き直せなくなり、余計に出しどころがなくなる始末。

5-1-4の”1”にいるヤジの見せ場なのに、逃げのパスに終始し、
トシはズラと一緒に裏狙うから、動きが被ってギャップを作れない。
おまけに菊池が日に日に何をすべきかわからなくなってきており、
左サイドからのアタックは全く機能せず。

まだ、受けに下りる動きを混ぜるウメに、安定のヒラさんの後ろから、
ストッパーに回され、後がない長澤の這い上がろうとする気迫が、
右サイドを活性化していたような気がします。

延長戦もあるのにHTで2枚替えされたのは38番と39番。
沢山悩めばいいと思いますよ。

逆に、相手の信じられないミスで初ゴールが転がり込んだアドは、
それも実力と過信してしまおう。FWなんて勢いなんだから。

一軍メンバーがもうあまりあてにならない昨今の情勢ではあるし、
この先も、超過密日程、いくらでもチャンスはあるよ。
ミシャは必ず見てるから、下剋上、下剋上。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito