【観戦記】Jリーグ 浦和2-4磐田 周作のご乱心

観戦記
06 /19 2017
久々に折れたわ。

ゴール

36分 大井
43分 阿部
56分 阿部
68分 アダイウトン
74分 松浦
80分 松浦

磐田

__アダ__川又__
____松井____
宮崎______櫻内
__川辺__ムサエフ__
_森下_大井_高橋_
____カミンスキー____

59分 宮崎→小川
68分 松井→松浦
86分 アダイウトン→齋藤

浦和

____慎三____
__武藤__忠成__
ウガ______関根
__アベユ__陽介__
_槙野_遠藤_森脇_
____周作____

58分 ウガ→駒井
61分 忠成→ラファ
79分 関根→ズラ

名波は姑息なリトリート戦術などは取らずに、
正々堂々、ガチで向かってきてくれました。
押し込まれた浦和も、しっかり受け止めることが出来ていたし、
カウンターからチャンスも十分に作れていました。

こういうお互いの良さが出る試合なら、浦和の勝ちかな、
前半の早い段階で、そう確信していたんですがね。

いろいろ理由はあるんでしょうが、
2つとも、結局ゴールはお留守になっていたわけですから、
周作がぶち壊した試合なんだと思いまし、言い訳はできない。

2つもやってしまえば、折れない方がおかしい。
3点目、4点目を論じる気にもなりません。
せっかくのキャプテンの2ゴールを台無しにしてしまいました。

ただ、1点リードしている場面で、
あれだけリスクをかけるべきだとは到底思えません。
しっかりブロック作って、相手の背後にスペースを作り、
カウンターで仕留めるのが、当たり前の追加点の取り方です。

バイエルン目指してるんでしょうが、実際は千葉と大差ない。

あれだけのハイラインを維持するのであれば、
アタッキングサードで誰一人ミスせずボールを繋げて、
ボール奪われれば、絶対に抜け出せないよう封じ込められる。

そんな技術があるのが、日本になんかいるわけがないんだから、
そもそも分不相応なサッカーなわけで、
今年1年かけて、ミシャはそれが無理だと思い知ればいいですが、
どうせ懲りずに来年も夢を追い続けるんでしょうなあ。

はいはい、切り替え、切り替え。
今年はACLに専念できそうやね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito