【展望】Jリーグ ホーム磐田戦 肉体派2トップが厄介

展望
06 /12 2017
さて、1週空いての磐田戦。
航とウガは休みとして、槙野は無理させるぐらいが程よくて。

磐田予想図

__アダ__川又__
____俊様____
小川______櫻内
__川辺__ムサエフ__
_森下_大井_高橋_
____カミンスキー____

最近は3-4-1-2。守るときは5-3-2。
トップ下の俊様は好き勝手に徘徊します。

さほどラインが低いわけでなく、前から襲い掛かります。
ボール奪えば、小細工せず、迷いなく前の2人に預ける感じ。
俊様も中盤で持つより、ボランチ脇あたりからロングフィード。

2トップ、特に川又は決定力はともかく、フィジカル絶好調。
アバウトなボールも大体自分のものにするので、事故は起こる。
アダイウトンも止められないので、バックラインは相当厄介。

広島戦(俊様、川辺不在で松井、上田がスタメン)では、
広島があまり前に出ず引いていたので(だからダメなんだが)、
磐田の2トップをフリーにするケースは少なかったですが、
それでも、リベロの野上は悉く競り負けてはおりました。

吹田に至っては、ライン上げたところをカウンター食らって、
1対1のシーンを散々作られてしまい、3失点と崩壊。
調子こいて前に出る浦和も、いい餌食にされかねません。

おまけに後追してファールすれば、プレスキックは俊様で、
事故率はさらに上がること請け合いです。

ムサエフもよく前に出ますが、まずはバイタル見ていますし、
サイドの小川、櫻内もクロスの精度も突破力も並なので、
チームとしてビルドアップがうまくいってる感もないですが、
逆に、カミンスキーを中心に、妙に堅固な守備組織に。

太田とアダイウトンが深く抉って、ジエイさん真ん中待機の、
ちょっと前の磐田スタイルが、随分リニューアルしたような。

名将名波が答えを見つけちゃったのかも知れません。

浦和はというと

____慎三____
__武藤__忠成__
関根______駒井
__アベユ__陽介__
_槙野_那須_森脇_
____周作____

ラファもまだっぽいので、迷いなくKLMで。
槙野のコンディションが気になるところではありますが、
どうせテヘランでもベンチで遊んでるだけでしょうし、
ガチムチ2トップ相手には、欠かすことのできない駒なので。

磐田は5バック3ボランチでしっかり守りを固めるので、
自ずと浦和はどうしても前に人数をかけることになりますが、
磐田が持った時、ボールの出所をつかみ損ねますと、
大惨事につながりかねないので、大変心配しております。

広島は意気地なし過ぎてあまり参考にはなりませんでしたが、
ナイトゲームで暑さのピークは回避できたことですし、
序盤はしっかり押し込んで、上手く先制できれば、
こちらのペースで時計を進めていけると思いますが。

柏に負けた後だけ、無理して勝ち点3を取りに行くと、
やらかす可能性も少なからずあるとは思いますが、
ここはひとつ、川又が今の決定力を維持してくれれば。

勝ったからと言って、追いかけ回される心配もありませんので、
ノリのいい埼スタで、心置きなく。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito