【展望】ACL アウェイ済州戦 さあラウンド16

展望
05 /21 2017
浦和もACLでは圧倒的な強さを見せているとはいえ、
最近のリーグ戦では圧倒的な守備の不安定さを露呈してるので、
破壊力に定評がある済州さん受け止められる気がせんのですが。

グループリーグ アウェイガンバ戦

__10__22__
13__14__17
__07__40__
04__20__37
____21____

グループリーグ ホームガンバ戦

__22__11__
13__10__17
__07__14__
03__20__05
____01____

Kリーグでの現時点、7勝2分け3敗の勝ち点23。
あれ、浦和と一緒w。
直近のリーグ戦では、3勝2敗。浦項と水原に負けてる。

基本布陣は3-2-3-2か3-4-1-2かな。

GKは1番と21番が見事なまでに1試合交代でスタメン。
3バックも3番、4番、5番、20番、37番を頻繁に入れ替え。
中盤も7番、10番、13番、14番、17番中心にターンオーバー。
2トップも11番、22番、88番を軸に回している。

追ってみて驚いたのですが、チェ・ヨンスの選手起用は、
極めて流動的で、メンバーはまったく固定化していない。
ファーストチョイスを休ませることを全く怖れない。
これならコンディションは良好で、健全な競争も行われる。
どっかのおっさんに爪の垢を煎じて飲(ry

一番怖いのは10番マルセロ、22番サントスのブラジル人?
88番のメンディも出ればよく決めてるようですし、
ガンバは14番イ・チャンミンにやられている。

布陣だけ見ていると、ガチのミラーゲームになりそうですが、
相手の2列目の両サイドが最終ラインまで下がりそうになく、
逆に、うちが押し込まれる展開が多くなりそうな悪寒が。

とはいえ、今の浦和は押し込まれるぐらいの方が、
地に足の着いた、落ち着いた戦い方ができるかもしれません。
前へ前へ体重がかかり、切り替えが遅れて戻れないのがここ最近。
相手が攻め突かれたところにちょいちょいカウンターくらわし、
ドローで戻ってくれば上等なんじゃないでしょうか。

なまじ初戦1-0とかアドバンテージ持ってしまうと、
昨年のラウンド16やCSみたいに、逆に浮き足立ってしまう。
リードするなとは言いませんが、まずはしっかり耐えろと。

森脇も戻って来て、何かと煩わしいとは思いますが、
言動にも気を付け、ニヒルなクールガイとしてリニューアル(ムリ

____ズラ____
__慎三__忠成__
ウガ______関根
__青木__陽介__
_槙野_那須_森脇_
____周作____

ぐらいでいいんじゃないですかね。
キャプテンも航も最近なんか危なっかしいから。

とにかく、勝負は埼スタに持ち越してください。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito