【観戦記】Jリーグ 浦和3-3清水 とにかく暑かったです

観戦記
05 /21 2017
とんだ消耗戦になってしまいました。
森脇を欠いたこの2試合に関しては、
わずかに崩れたバランスを最後まで修正できなかった気がします。

ゴール

24分 慎三
57分 慎三
64分 テセ
69分 テセ
71分 チアゴアウベス
74分 慎三

清水

__テセ__チアゴ__
白崎______枝村
__竹内__六平__
松原______鎌田
__角田__犬飼__
____六反____

HT 二見→フレイレ
62分 枝村→デューク
81分 テセ→北川

浦和

____慎三____
__武藤__忠成__
関根______駒井
__アベユ__陽介__
_槙野_遠藤_ウガ_
____周作____

68分 忠成→トシ
80分 関根→ズラ
84分 陽介→ヤジ

前半は、テセがプレスを諦めるほどの完璧な球回し。
角田を中心に固めた中央の攻略は難儀でしたが、
しっかりボールを保持して、清水にサッカーをさせませんでした。

そして。24分の慎三のバイスクル、変態すぎる。
57分も鎌田の裏からすっと前を取って、駒井のクロスに合わせる。
その前で触れなかった武藤が事態を飲み込めず戸惑ってて笑う。

昨年までなら、1点取ったところで一休みして追いつかれて、
なんていうてんやわんやな展開もありましたが、しっかり追加点。
でも、ここからの戦い方は、きちんと整理しておくべきかと。

慎三の2点目前後で清水の押し上げが鈍ってきたようにも思えましたが、
デューク投入後、縦に速い攻めが見られるようになる一方で、
浦和は縦に間延びして、守りたいのと3点目取りたいのとが生き別れ。
2点差あるんだから、まずはしっかり試合を止める必要がありましたが、
清水にとってこれしかないオープンな展開に付き合う羽目に。

ミシャの哲学を具現化するなら3点目、4点目で息の根止めるべき。
しかし、真夏並みの暑さの中、中盤で相手を掴まえるのが難しければ、
ライン下げてコンパクトネスを維持することも考えるべきでした。

ミシャは、日本の夏、金鳥の夏がまだ理解できていない。
ブンデスではなく、カタールリーグあたりをきちんと追わないと、
日本で本当にタイトルを獲る方法には辿り着かないのではないか。

テセの1点目はゴラッソではありましたが、
パニックが収まらず、立て続けに逆転まで許してしまった背景には、
昨今の5点、6点取れたゲームがあるのではないかと。

1点取ることの、1点守ることの大切さが希薄になってしまったのでは。
まずはクリーンシートですよ。

ピッチ上で慌てふためく連中に、何やってるんだというのは簡単ですが、
そういう話ではないんじゃないかな、という気がします。
なんか、いろんなものの板挟みになって、やり方を統一できてないのかな。

新潟戦も1失点で済んだのが不思議なぐらいの試合でしたので、
浦和の守備のぬるさは、相当根が深いのかも知れません。
攻撃的と言われる済州を、上手く受け止められるのかどうか。

いくら点が取れたとしても、降格した時のガンバのようなこともある。
厳しい夏に何もかも失うようなことにならなければいいのですが。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito