【TV観戦記】ACL ソウル1-0浦和 トシとウメの帰還

TV観戦記
05 /12 2017
森脇の問題は、状況をわきまえずすぐに過剰に熱くなる本人の責任。
劣勢の時こそ、チームを落ち着かせ、冷静にゲームを進めるべきところ、
相手や審判に無用に噛みついて、無駄に時計の針だけ進める行為は、
猛省の上、必ず改めて欲しいところだと思います。

仲間を守るのも大事だし、相手に気持ちで負けないのも大事ですが、
野球じゃあるまいし、それとこれとは違います。

今後、狡猾な連中の罠に、二度と嵌らないためにもね。
世間が少しうるさいかも知れんけど、それは僕らが守るから。
済州戦、頼むな。


ゴール

38分 ユンスンウォン

ソウル

もうどうでもいい

浦和

____ズラ____
__トシ__忠成__
ウガ______菊池
__青木__駒井__
_槙野_那須_田村_
____榎哲____

56分 菊池→矢島
78分 田村→ウメ
90+1分 青木→アド


仕事が終わらず、都内某所のHUBにたどり着いたのは前半半ば。
押され気味の中、DFの裏に2人抜け出されて、あっさり失点。
埼スタで木っ端みじんにされたホームチームに勇気を与える先制点。

双方、面子を落とした中で、お互い思うような繋ぎができず、
低調なまま推移した試合は、次のゴールを生むことなく終了の笛。
いかにも消化試合といった様相の試合でした。


そんな中、収穫だったのは出場機会のなかった選手を試せたこと。
そして、トシとウメが帰ってきたこと。

トシはスタメン出場だけで驚きましたが、まさか90分持ちこたえるとは。
故障明けでも、長澤やヤジより依然としてプライオリティは上ですか。
それだけ、昨年勝ち取ったミシャからの信頼が大きかったということ。
彼の正確でスピードのあるプレスキックは、陽介も及びませんし、
破壊力のあるミドルや、キレのあるドリブルも浦和の欠けたピースでした。

ウメが交代でピッチに入った時は、ただただ怪我が心配でしたが、
嬉しそうに、気持ちよさそうに、ピッチを駆けまわっててうれしかった。
彼がトップフォームを取り戻すと、さらにポジション争いが熾烈になるし、
何より、背中でチームを引っ張ってくれる頼もしい存在です。
彼の人望と経験とキャラクターが、チームを明るくしてくれる。
多少イビキがうるさくても、十分に元は取れます。

榎本、田村、菊池、ヤジ、アドも、
十分に持ち味を出せた、というわけにはいきませんでしたが、
それでも、まずはピッチに立ち、ソウルという強敵と対峙できたことが大事。
今後も熾烈なベンチ入り争いは続き、辛いことも多いと思いますが、
腐ることなく、チャンスを待って欲しいな。りょーたろーも含め。

楽しみな中盤戦になってまいりました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

森脇練習参加ふざくんに

>>処分は森脇だけに下されたけど、
それだけでいいのかという考えもある。
ガンバサポーターによる不適切なフラッグ問題について、
ガンバには制裁金200万円が科されたけど、
レッズには何のペナルティもないのかな。 
森脇はレッズに所属しているよね。
問題を起こした選手を雇っているクラブにも責任はあると思うし、
Jリーグではなく、むしろクラブが森脇を罰してもおかしくはない。
というか処分しなければならない。

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito