【観戦記】Jリーグ 浦和0-1鹿島 見習うべきところ

観戦記
05 /04 2017
ホームで初黒星、確かに負けたのは悔しいのですが、
試合内容は実に興味深い内容のものでした(他人事

でも、2試合連続完封負け食らったわけですから、
全盛期のジュビロ気分はもう捨てて、現実見ないとあきませんわな。
弱い相手に強かったというだけ、実力通りの結果だと思います。

ゴール

24分 金崎

鹿島

__金崎__PJ__
土居______遠藤
__レオ__満男__
西_______伊東
__昌子__植田__
____スンテ____

70分 遠藤→永木
74分 PJ→鈴木
87分 満男→三竿健

浦和

____ラファ____
__慎三__武藤__
ウガ______関根
__アベユ__青木__
_槙野_那須_森脇_
____周作____

61分 青木→駒井
66分 武藤→忠成
90+4分 慎三→ズラ

鹿島は山本がベンチ外で左SBに西が移動。
浦和は陽介、航がベンチ外。駒井トップ下はガセ。


鹿島は浦和の3トップに2CB+2ボランチのスクエア型で対応。
これだと数的優位作れて、浦和の上下動にもギャップができない。
サイドから放り込まれても昌子・植田で勝てますし、バイタルも埋まる。
横浜も、こんな感じですね。

これを崩すにはボランチを脅かす散らし役がビッチ中央に欲しいですが、
陽介が不在となると、適任者がヤジシンぐらいしか思い当たらない。
青木も飛び出していくタイプなので、常駐するには力不足。
レオシルバ、小笠原は安心して浦和の3トップを潰しにかかる。

関根、ウガにはSBが張り付き、森脇、槙野にはSHが張り付く。
特に鹿島が秀逸だったのは、浦和のサイドの崩し方を読み切っていたこと。
一度ストッパーに預けてのワンツーでの裏抜けは完全に遮断され、
中央にカットインしても、既に密集地帯なのでパスは容易にカットされる。

浦和は3枚回しのところで青木を右に出して森脇の後ろに配置し、
右サイドで数的優位を作ろうとしますが、青木が思うように機能しない。
こんな感じ。

ウガ慎三ラファ武藤関根
__________
槙野______森脇
__________
__アベユ_那須_青木
____周作____

失点はまあしゃあないと思います。
槙野との意思疎通不足から周作が左に蹴りだした後のスローイン。
食いつき過ぎたところを剥がされ剥がされ、
金崎に強引に決められましたが、さらに左には土居も西も余ってました。

決定機はほかにもいくつもありましたから、1点ぐらいは取られます。

後半、どうテコ入れするかと思いましたが、ミシャは思いのほか腰が重く。

61分にやっと青木に代えて駒井投入。
相手ボランチに向けてドリブル突っかけるのかと思ったら、やはり右サイド。
関根が若干中入って、3シャドウみたいになってる時間帯も。
後半に入り、その投入前から右でいい形を作り始めていたので、
J屈指のサイドアタッカーを2枚右に回す鬼畜の所業は
それほど時間を置かずに実を結ぶかと思ってましたが、クロスがねえ。

鹿島も70分に遠藤下げて、同サイドに永木回してきました。
さしたる効果的な交代にも思えませんでしたが、鹿島が穴を作らない。
終いには、鹿島にとっては計算づくの揉め事演出して時計を進められる。
右のキーマンの森脇が我を忘れて激高していた時点で終了でした。

ミシャの奇策は陽介を欠く中、理にかなってたような気もしますし、
時間をかけ、丹念に、冷静に仕事を続ければ、追いつくことぐらいはできました。
もし負けたとしても、まだ5月。焦る必要もまだなかったはずなのですが。
浦和にもあった決定機に、悉くシュートを枠の外に飛ばしたのも、
相手の挑発に乗せられたり、リスタートやり直させられて苛立ったりするのも、
まだまだ、精神面に甘さがあるということなんだと思います。

鹿の連中なんか、大げんかしながら次のこと考えてますよきっと。
それは小笠原や金崎だけでなく、伊東も、鈴木も、高卒ルーキーたちも。
死んだふりして、終了直前に追いついて見せるようなずる賢さを身につけない限り、
いつまでたっても鹿島には勝てないし、タイトルも取れないと思います。
大宮戦の終盤の取り乱し方、この日の終盤の焦り方、いつになったら治るのか。

ラファは連投が効かないのか、頭冷やさないといけないのか知りませんが、
今の冷静さを欠いた感じだと、暫く外した方がいいかも知れません。

鹿島は極めて普通の出来でした。気負いもなく、いつも通り。
90分間倒れるまで、熱く、真面目に走り切るのも大事ですが、
ちゃんと相手を見ることが出来てるんだろうか。

ソウル戦はどうでもいい。

新潟戦、清水戦までにどう立て直していくか、です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito