【観戦記】Jリーグ 浦和3-2札幌 拍手に感じる緩み

観戦記
04 /23 2017
予想以上に手強かったですな、札幌は。
四方田さん、いい仕事してますな。

ゴール

20分 ラファ
34分 兵藤
40分 関根
74分 慎三(PK)
87分 福森

札幌

__都倉__菅___
田中______早坂
__兵藤__荒野__
____宮澤____
_福森_横山_ミンテ_
____ソンユン____

72分 田中→内村
79分 荒野→伸二
90分 早坂→上原

浦和

____ラファ____
__慎三__武藤__
ウガ______関根
__アベユ__陽介__
_槙野_遠藤_森脇_
____周作____

75分 陽介→青木
82分 ウガ→駒井


前半は浦和の球回しに札幌がアジャストできないまま、
相手をつかまえられず、主導権をなかなか奪えませんでした。
基本的には5-4-1で森脇、槙野の上りをけん制してましたが、
浦和は構わず、縦パスをビシビシ入れて、真ん中から崩す。

札幌は、実際は、

______都倉______
_兵藤_宮澤__荒野__菅_
田中_福森_横山_ミンテ_早坂
______ソンユン______

な感じになってる時間が多く、パスミスも頻発して前に運べない。
後半、浦和のスピードに慣れた後は互角以上に渡り合っただけに、
前半、もう少し早く修正ができていれば、結果は変わってたかも。

CKの混戦から、ラファが蹴り込んで先制出来ましたので、
一方的な展開になるかと思いましたが、慎三が持ってなかった。
いくつかあった決定機をものにできすにいるうち、ゲームは難しく。

兵藤の飛び出しは微妙でしたが、ビデオ見たらオンサイドでした。
相変わらず、兵藤にはやられてしまいます。

しかしすぐに、ウガが個人技でチャンスメイク。
慎三にピンポイントで合わせ、GKはじいたところを関根がズドン。
上しかコース空いてなかったと思いますが、良く射抜きました。
まあ、偶然でしょうが。

後半に入ると、前に出た札幌に対して、浦和は防戦一方。
札幌のパスミスがぐっと減ったのに対し、浦和のミスが急増。
これで3試合続けての後半失速は、非常に不安が残るところ。
フィジカル面で落ちて来てるのかも知れんね。

カウンターからエリア内で慎三が蹴躓いてPK獲得。
札幌には気の毒な判定。ほぼ自爆と見えました。
この日は厚い負のオーラを纏った慎三にそのまま蹴らせてしまうも、
どうかとは思いましたが、無事決まって3点目。

札幌は伸二投入後、浦和PAすぐ外でFK、福森が決めて1点差。
しかし、浦和が何とか時間を使って、同点ゴールは許しませんでした。

慎三のPKがなければ、と思う方も多いとは思いますが、
サッカーとはそう単純なものではなくて、
1点差であれば、浦和の集中度ももう少し高かったでしょうし、
福森のFKが同じようにあったかどうかは定かではないですし。

都倉は確かに強さを見せましたが、結果は妥当だったと思います。
でも、札幌の見せた堂々としたサッカーは必ず結果を残すと思いますし、
きっと、J1残留を果たすだろうと感じるゲームではありました。


伸二投入時の大拍手、個人的にはどうかと思いました。
試合前にも、試合後にも自分は大きな拍手をしましたが、
試合中、投入された時間帯は、2点差とはいえ勝負は決していなかった。
あの拍手が、ピッチ上に緩んだ空気を漂わせたような気がしますし、
2失点目にもつながったんじゃないかと思っています。

埼スタはそういうことがよくわかってるスタジアムだったんだけどな。
浦和の好調さに、先にサポが緩んでしまえば、この先簡単に崩れますよ。
失速の予兆は、少しずつ見えて来てるんですけどね。

それでも、小さくまとまらず、3点取れたのは良かったと思います。
多少失点しても、相手を脅かし続ける方が、相手にとっても嫌なはず。
大宮相手にも、慎重になりすぎず、縦パス打ち込み続けて欲しいです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito