【展望】Jリーグ ホーム札幌戦 手強そうですが

展望
04 /20 2017
おまえはもう死んでいる。

前節川崎戦の札幌

__都倉__内村__
田中______早坂
__兵藤__荒野__
____宮澤____
_福森_横山_ミンテ_
____ソンユン____

リーグ戦はアウェイ3敗ながら、ホームで2勝2分けと負けなし。
ルヴァンではアウェイ2戦2勝と好スタート切っているものの、
やはり、ホームでの強さが際立つのが札幌のここまでの戦いぶり。

攻撃時3-3-2-2、守備時5-3-2は甲府や吹田に似ている。
福森のロングフィードと宮澤のシュートパスを起点にして、
右の早坂、荒野、左の田中、兵藤を経由して、トップの都倉へ。

攻めの形は多彩ではないけど、迷いがないから動きに無駄もない。
そして、都倉のスペックが思いのほか高い。高さと強さだけでない。

一方、守っていても実に落ち着いていて、根拠のない自信に満ちている。
慌てないから、逆も取られないし、マーカーは相手を離さない。
川崎も、いつでも点が取れそうなのに、なかなか決定機が訪れない。

しかも、いるはずなのに見かけないのがちらほらいるし。
最近傷んだ深井、ジュリーニョ、内村だけでなく、
増川、菊地、稲本、石井、マセード、ヘイス、金園。
そんなに選手を欠いている悲壮感が全くなく、
昔からスタメンな顔してしれっと勝ち点伸ばしてるとか。

手強いですよ、札幌は。
みんなでかいし。


さて、浦和は基本的には味スタと同じ。右SHが変わるぐらいですか。
手強いとはいえ、5-3-2相手なら、甲府も仙台も叩いてるし、
周作も森脇もどうやらお目覚めのようなので、特段の不安はありません。

札幌、WSW、栗鼠、鹿との4連戦、力の入れどころが難しいですが、
調子のよさそうなのを、どんどん突っ込んで行って欲しいですね。
腰が心配だった慎三も、練習には戻っているようですし。

どうせ失速するんですから、走れるときは走らないと。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito