【観戦記】Jリーグ 浦和7-0仙台 532との食い合わせ

観戦記
04 /08 2017
埼スタは、スタジアムの中も外も満開でした。

ゴール

20分 慎三
27分 慎三
29分 武藤
45+2分 慎三
47分 忠成
65分 OG
90+2分 陽介

仙台

____奥埜____
__梁____藤村_
永戸_____蜂須賀
__冨田__三田__
_増嶋_平岡_大岩_
_____関_____

HT 藤村→クリスラン
68分 永戸→茂木
68分 蜂須賀→菅井

浦和

____慎三____
__武藤__忠成__
ウガ______関根
__アベユ__陽介__
_槙野_遠藤_森脇_
____周作____

42分 関根→駒井
62分 ウガ→菊池
68分 忠成→青木


532という守り方が今の浦和に対して有効なのかという点ですが、
守ることだけなら、相性は抜群に悪いような気がします。
渡辺さんは、梁と奥埜の2人でのショートカウンターに、
一縷の望みを託していたのかも知れませんが、
なまじ攻撃の要件を盛り込むことが、この試合で正しかったかどうか。

甲府は同じ532で中央の縦の楔を待ち受けていましたが、
結果としては右の関根に大暴れされての大敗を喫しました。
鞠や鹿のように2枚+2枚で真ん中固められると苦戦しますが、
さすがに3枚+3枚だと、別のエリアで破綻をきたすようで。

1点目は、関根の侵入に対して三田が追いかけ、
空いた前のスペースに永戸が出て、森脇をちらちら監視してましたが、
結局、三田が振り切られて左足のクロスを簡単に上げられて万事休す。
2点目は、三田の森脇への寄せが甘く、
まんまと永戸の裏を関根が駆け抜けていってしまいました。

仙台はボールホルダーに対し前後から寄せて奪い取るやり方ですが、
浦和ほど速くボール回され剥がされて、且つ横幅いっぱい使われては、
うかうか持ち場離れて、永戸のエリアに援軍に行くこともできず、
結果として、派手に炎上させてしまうことになりました。

次の日の等々力では、川崎相手に甲府が何とか532で耐えてましたが、
川崎は同サイドで細かくつないで攻め切っちゃうことも多いので、
やはり浦和との相性が悪いのかな、という気がします。
541ならもっと前後から行けるかも、でもラインを高く保つのが難しいし、
前節の神戸のように、前線が孤立して夢も希望も無くなってしまう。

ここら辺が、最近の浦和の、ミラーゲームに対する強さかも知れません。

3点目は武藤が持ち上がり、斜めに走る陽介囮に派手に蹴り込みましたが、
これは仙台が神戸戦で露呈させていた、バイタルの緩さ。
角田の頃なら隙もありませんでしたが、三田には厳しいのかもなあ。

これで、試合の趨勢は決まってしまったので、
後半クリスラン投入して、やけくそ気味にライン上げて攻勢に出ても、
浦和は逆に、落ち着き払ったカウンターで決定機を量産。
さすがに体力の限りもあって、フィニッシュの精度を欠いてましたが、
しっかり勝ち点3をいただくことが出来ました。

神戸以外の上位陣が総崩れで、勝ち点13、得失点差13の2位浮上。
ゼロックス、ACL合わせて10試合で33ゴールの荒稼ぎ。
もう、黄金期のジュビロみたいで、守備語るのがバカバカしくなる。

ただ、仙台が降格するほど弱かったかというと、そういうわけでもなく、
食い合わせが極端に悪かったのかな、というのが率直な感想。
よそと当たるときは、また勝っていくんじゃないですかね。

浦和は幸いにも気を緩める暇もなく、上海との決戦が控えます。
大勝ほど、早く忘れるに越したことはありません。

それにしても、SRの土日回数券が減らんなあ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito