【TV観戦記】Jリーグ G大坂1-1浦和 価値ある勝ち点1

TV観戦記
03 /19 2017
運がなかったかなあ。

ゴール

57分 今野
90+3分 ラファ(PK)

G大坂

___長沢__アデミ_
_今野_______
______倉田__
オジェソク_ガチャ__初瀬
_正也_ファビ_三浦_
____ガヤ____

73分 ガヤ→田尻
82分 オジェソク→井手口
89分 アデミ→赤崎

浦和

__慎三__ラファ__
____陽介____
ウガ______関根
__アベユ__青木__
_槙野_遠藤_森脇_
____周作____

67分 関根→駒井
76分 青木→武藤

ガンバは東口と藤春が不在。
いつもそうなんですが、今野が左前目で倉田が右後ろ目。

浦和は陽介がシャドウというより2トップ下に入りましたが、
ここでアンカーのガチャの監視役を仰せつかります。

浦和はこれにより、ほぼほぼガチャを消すことに成功。
攻め手を限定されたガンバは、プレスの激しさはあるものの、
そこからのショートカウンター頼みで、対応は容易。
後ろと分断されたアデミウソンにもいい形でパスは入れさせず、
ゲームは概ね浦和が支配。ただ、今日はシュートが悉く入らない。

そういう意味ではいつものガンバペース。

不気味だったのは今野の位置。
殆ど3トップの左ウィングのような場所から、森脇近辺を狙う。
しかし、浦和のビルドアップも改善されつつあり、うまくかわす。
何とか掻い潜れば、関根と連動して相手陣への侵入は出来てました。

関根と言えば、甲府戦で縦突破を連発して無双してましたが、
オジェソクに縦切られたのか、自分から裏をかこうとしたのか、
執拗にカットインを選択して、前方ではノッキングを起こしてましたが。

どうせ、またワンチャン決められるんだろうな、と思っていたら案の定。

倉田のドリブルの持ち上がりを誰も止められずに中央に入り込まれ、
左に展開されてオジェソクの狙いすましてのクロスを今野がヘッド。
気になってた今野にやっぱりやられてしまいました。
彼の決定力はFW並ですから、前にいられるとやはり怖い。

それよりも、そのちょっと前の時間帯にも倉田にロングドリブルされ、
危ない場面を作られていたのに修正できなかった点が悔やまれます。
去年の大宮のマテウスやソウルアウェイの追いつかれた一発もですが、
ドリブルされた時にどこで当たりに行くか、整理は必要だと思います。
まあ、4月までの宿題ということで。

良かったのはその後も焦ることなく浦和のサッカーを続けたこと。
パワープレーしてみたり、極端に前掛かりになったりせず、
地に足の着いたビルドアップでチャンスを量産したところ。

そのご褒美のようにいただいたPKをラファが決めてドローで終了。
むしろ、ATで勝ち点2を失ったホームチームのダメージは大きい。
また、今一番強そうだったガンバを圧倒できた点もポジティブな要素。

むしろ、中途半端な相手に大勝した試合などよりも、
浦和の強さが際立った試合だったような気がしますけどね。
失点はしましたが、守備も徐々に改善されつつあるように思えました。

周作もこの日は安全運転でしたし。

また、陽介の復活も朗報。
今日の前3枚はボールの収まりが良く、前で時間を作ることが出来る。
トップ下で2トップを操るタスクは、陽介に向いているようですし、
KLMとはまた毛色の違うユニットを持てるのも今後にはプラス。
若干お疲れ気味の青木も少し休ませることが出来ましたし。

ガンバの3バックに対して、アンカーに蓋をしてしまうという戦術が、
どこまで他クラブに参考になったかはわかりませんが、
この早い時期に、ガンバの勢いを止められたことも大きい。

もちろん、浦和はまだ勝ち点7の6位に過ぎませんが、
長い長い1シーズン制、どっしり構えていれば強いところだけ残ります。

サッカーは全部勝てるわけではないし、ゴールも全部入るわけではない。
運の悪い負け試合をドローに持ち込めた価値あるゲームでした。
去年の吹田では負けているわけですし。

慌てる必要はありません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント