【展望】Jリーグ アウェイG大坂戦 まともに受けないこと

展望
03 /16 2017
開幕の頃には早くやりたいなあと思ってたのに、急に立て直しちゃうし。

前節瓦斯戦のG大坂

__長沢__アデミ__
__今野__倉田__
藤春__遠藤__初瀬
_正也_ファビ_三浦_
____東口____

去年までの4-2-3-1が、宇佐美に続き大森・阿部を失ったことで、
サイドアタッカー兼前線守備要員不足により成り立たなくなって、
今年始めた4-1-2-3が、井手口の負傷離脱によって、
前線でのボール奪取力が見込めなくなった末の3バックなのかな、
とかえらい消極的な動機をイメージしてたら、とんでもないことで。

済州戦こそうまくはまりませんでしたが、柏戦での見事な快勝劇。
気合でものにした一時的な現象かと思いきや、瓦斯戦でも見事な快勝劇。

僕は3-3-2-2だと思ってるんですが、甲府もだし流行ってるのかな。
押し込まれると5-3-2に移行するのですが、
このシステムで、今野が実にいやらしい位置にいたりするわけで。
倉田はともかく今野も意外と攻撃力あって、ボール取ったら即チャンス。
後ろからもガチャからえぐい縦パス入ってくるのと、サイドも高いのとで、
フォローが厚くなった2トップが力を発揮しやすい布陣なのかも。

また、このところアデミウソンさんのキレが非常に良いので、
ワンタッチゴーラーとして磨きがかかって来た長澤ともども、
手が付けられない。

そうなると、押し込む時間が増えて、前に強い3バックの面々が、
気持ちよくアタックを繰り返すことが出来るという良いことづくめ。

まあ、そういつまでも幸せが続くほど、世の中は甘くないんですが。

甲府がそうですが、引いて守りを固めると、完全に塩からくなる。
両サイド、遼インサイドハーフが上がると、後ろがスカスカになる。
その辺は抜かりなく整理はしているんだとは思いますが、
やはり攻めに出た時のガチャの脇、3ボランチ時はそのサイド、
ここをWBなりシャドウが下りて自由に使えるんじゃないかと思いますが。

見てませんが紅蘇戦でも苦戦したようですし、ヒントはありそうです。
尚、東口は負傷離脱中。大久保が悪い。


浦和のスタメンは?

____慎三____
__武藤__忠成__
ウガ______関根
__アベユ__陽介__
_槙野_遠藤_森脇_
____周作____

KLMと陽介が来るんじゃないですかね。
武藤のみ途中出場でしたが、もう1試合行けるでしょ、上海近いし。
(私はクタクタですが)
陽介も上海で見る限り、コンディションと危機感は取り戻している。
前掛かりのチームは後ろで受け止めるより、裏突いて足止めさせるのが一番。
ラファを当然、足が止まった頃に駒井と投入すればいい。

結局は遠藤と今野のチーム。そこがヘタればそれで終わりのチーム。
長沢だけはしっかり監視しておく必要がありますが、
うちがいつもやられるみたいに、サイドが出て行った裏を狙えばいいです、

周作もミシャも慌てないこと、いつもと違うことをやらないこと、
たまたま2~3試合うまくいっただけのあちらさんのシステムよりも、
6年間手塩にかけて、まだしっくりこないうちのシステムを信じましょう。

上海は行ったけど、大阪は遠いのでテレビで見てます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito