【展望】Jリーグ ホーム甲府戦 隙はありそうな

展望
03 /08 2017
上海上港戦に備えて、金曜開催となる第3節。
会社での居場所はとうに無いので別に構いませんが。

鹿島戦の甲府

__ウィルソン_堀米__
_田中____小椋_
橋爪__兵働__松橋
_新里_山本_新井_
_____岡_____

開幕戦とは、河本→堀米の変更ぐらい。

吉田さんは、柏をとっとと追われ、新潟をとっとと追われても、
すぐ翌年には別のクラブから声がかかる就職力に関しては、
大学4年生向けのお守りの販売を検討すべきなのではないか。

甲府は、ちょくちょくパスサッカーへの移行をトライしながら、
夏過ぎる頃には夢破れて、戦後処理を佐久間さんに託すのが通例。
強固な残留システムが構築されている甲府の安心感。

去年は攻撃時3-4-3、守備時5-4-1。
今年は攻撃時3-3-2-2、守備時5-3-2。

実は去年も少しラインが上がって、城福紀の専守防衛から脱皮図って、
逆に浦和にとっては若干のやり易さが醸し出されておりましたが、
今年は、さらにいい意味で中途半端な世界に足を踏み入れそうな。

キーとなるのは3ボランチ。
すっかり流れ者イメージの兵働の展開力と、
上位クラブで冷遇されていた小椋のボール奪取力は、大きな新戦力。
偽ケンペスこと田中の運動量と合わせれば、前に出る力は増しました。

そして、なぜか春からコンディションの良いウィルソン。
前に収まるから、両翼の松橋・橋爪も高いポジションを取れる。
兵働をハブにして、マイボール時のパス回しについては、
吉田さんの得意分野がチームに浸透しつつあるのかと。

よく書き過ぎてますが。

開幕から吹田、鹿島、浦和と重労働が続きますので、
多少光が見えても、なかなか結果出すのはしんどい状況ではあります。

もし2枚で前から追いかけられても、3枚回しでかわせますし、
3ボランチの脇を槙野、森脇に使われると、スライドも大変ですよ。

浦和は5連戦終えてオフも取れて、ほっと一息の中5日。

____ラファ____
__慎三__武藤__
ウガ______関根
__アベユ__青木__
_槙野_遠藤_森脇_
____周作____

上海相手にKLM揃えるなら、セレッソ戦のメンバーがベース。
陽介、駒井の状況がよくわかりませんが、
青木でうまく回り始めているので、陽介にこだわる必要もない。

後半のギアアップ要員も考えておく必要はあるでしょうが、
城福時代の甲府に比べると、隙は多いような気もします。
3バックの連係、3ボランチの両脇のスペース、FWのプレスバック、
どれか中途半端であれば、一気にゴールに持って行く迫力が、
今の浦和にはあります。

一気にゴールに持って行かれる迫力もありますが。

まあ、ホームですから、及び腰になる必要もありませんので、
自信持たれる前に、ぶっ飛ばしちゃって下さい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito