【観戦記】Jリーグ 浦和3-1C大阪 ホーム開幕

観戦記
03 /04 2017
ヨニッチの野郎、槙野吹っ飛ばしやがって。
せいぜい、よみっちには気を付けることだな(言ってみたかった

ゴール

22分 武藤
37分 慎三
52分 ラファ
59分 ヨニッチ

C大阪

__柿谷__杉本__
クニクン______丸岡
__ソウザ__山口__
丸橋______松田
__山下__ヨニッチ__
____丹野____

61分 関口→清原
73分 丸岡→山村
85分 松田→田中

離脱した水沼、ジンヒョンに代わって丸岡、丹野。

浦和

____ラファ____
__慎三__武藤__
ウガ______関根
__アベユ__青木__
_槙野_遠藤_森脇_
____周作____

68分 ラファ→忠成
79分 青木→那須
86分 慎三→ズラ

ACLから3人変更、キャプテン、ラファ、航が入り、
駒井はご褒美のベンチ外。


前半のセレッソは前から追わず、真ん中に絞って引きこもり。
ほぼほぼWSWのパターンで、当然の帰結としてタコ殴り状態。
甲府のようなプロの引きこもりではないので、耐え切れるわけがない。

ロングボールで武藤が裏抜けした決定機はうまく収められませんでしたが、
浦和のパス回しに全くついて行けず、ジワジワ集中力をそがれるセレッソ。

22分に航の縦パスを慎三がスルー、武藤に収まるの確認して左に旋回、
武藤はそれをおとりに右にスライド、ワンフェイク入れて右足でズドン。
37分には武藤が丸橋に猛プレスかけ、奪ったボールを中央に持ち込み、
左足で跨いで右足アウトでおされなパスをラファに通し、
ラファが叩いて、こぼれ球を落ち着いて慎三が流し込みました。

前半のヒーローは間違いなく武藤。
攻めの時の今日の切れ味は半端なく、プレスバックの激しさも格別でした。
その分、電池切れのも早く、後半はしくじる場面が多かったかな。

一方セレッソは、前線で待つ杉本がそもそも前線で待つタイプではなく、
柿谷の華麗な一瞬芸も、あまりにもゴール遠くでは怖さを感じられず。
セレッソはSBが出て行って初めて攻撃の形になるチームですが、
関口、丸岡までが押し込まれている状況では、何も起こりようがなく。

後半も、ボール奪取した青木がそのまま持ち出し、狭いところにスルーパス。
ラファがDF置き去りにして、冷静にボールを浮かして3点目。
GKの1対1簡単に決められるのなんてトシぐらいしかいませんでしたが、
この子は本当にゴール前で落ち着いてるし、とにかくシュートがうまい。
今年は本当に何点取るのか予想がつきません。

ところが、ここら辺から雲行きが怪しくなる。

セレッソがラインを上げ、ボールを前から追い始めるタイミングと、
浦和の足が止まり始める時間が微妙に合ってしまったようで、
圧倒的有利なはずの浦和が、自陣でドタバタ始めます、

マークしていたはずの槙野が吹っ飛ばされて、
マリノス戦同様、CKをヨニッチにニアで合され、混迷はさらに深まるばかり。
とどめを刺すどころか、大きくクリアしては波状攻撃を受けるお粗末な終盤。

尹さんは浦和の減速を見込んで後半勝負を目論んでいたような気がします。
ただ、そこまで耐えられるだけの守備力が、今のセレッソにはまだない。
それでも。もし3点目がなければ、何が起こっていたかわからない試合でした。
改めて、尹さん怖いな、と。

一方、勝負決めに行った浦和の判断を間違っていたとは思いませんが、
もう少し、終盤勝負できるだけの戦略は持っていないと、厳しいのでは。
残り15分の強さが、もう少し去年はあったような気がしますが、
このように先行逃げ切りしか引き出しがなければ、勝ち点も増えませんわ。

ターンオーバーも巧くなってきたし、攻撃の破壊力もこの6年間で一番上。
それでも、試合運びの拙さが残る点については、看過されるべきではない。
森脇の目が覚めるのはいつも4月、周作も航とても本調子とは言えない。

と に か く 失 点 が 安 す ぎ る 。

まあ、これから上がっていくと思えば、楽しみと言えるかもしれませんが。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito