【展望】ACL ホームソウル戦 アンカーの横

展望
02 /26 2017
試合は容赦なく続きます。
比較的慎重に入るACLの方が、今の浦和は結果が出そうですが。

ソウル

駒場の前半

____10____
11______08
__25__13__
____15____
21______88
__22__55__
____38____

駒場の後半

____09____
17______14
__19__06__
____05____
07______88
__04__03__
____01____

前半はパクチュヨン、後半はデヤンのワントップ。
後半の方が主力組の印象がありましたが。

ACL 上海上港戦

____09____
11______08
__17__06__
____05____
07______13
__04__55__
____01____

映像見てないので、駒場の配列参考に並べてみました。
17と13の場所が怪しいですが。

基本システムは4-3-3もしくは4-1-4-1。
ミラーではありませんが、浦和のシステムには順応しやすそう。

アンカーのオスマールのところでがワントップ監視、
前の3枚がスライドしながら浦和の攻撃時4バックに食いつき、
インサイドハーフの2枚が陽介のところを蓋する感じでしょうか。

いずれにしても、CWCよりはサイドにスペースを許さないし、
前からも追ってくるので、球回しは窮屈になりがち。

去年、ソウルで土壇場に同点弾食らったのが13番のコ・ヨハン。
大宮のマテウスにも同じようなのぶちこまれたよなあ。
マリノス齋藤にも左からのカットインでやられ放題でしたから、
逆に縦開けてぶち抜かれたりと、まだまだ弱点は解消できていない。

アドリアーノが抜けて、デヤンは何となくゴールするタイプなので、
ゴールに向かう迫力という点では、多少薄くなった印象はありますが、
イルロクとかもいい選手なので油断できません。

浦和は何とも中途半端な開幕戦を戦ってしまいましたが、
武藤、チュンはしっかり温存できたものの、誰と組ませるのか。

浦和

____慎三____
__武藤__忠成__
菊池______関根
__アベユ__長澤__
_槙野_那須_森脇_
____周作____

KLMでスタートして、後半ラファ投入かなあと。
あと、陽介はまだ無理させちゃダメなんじゃないかと。
合わせて、航はちょっと頭冷やした方がいいんじゃないかと。

強敵ですが、駒場で見る限り昨年のソウルではない。
十分チャンスがあるのなら、ホームで勝って一気に引導渡したい。
ここでソウルを連敗に追い込めば、上海と浦和でほぼ決まりでしょう。

まだ初っ端ですが、早くも大の不得意の勝負どころでございます。

とにかく2点離すこと、
同点にして、勝ち越して一息つかないこと、
イーブンの時は無理せず、リードした時こそ前に出ること。

ミシャの代わりにカーネルおじさん立てておくこと。

ソウルのシステムは、アンカーの横のスペースにどう入るかがカギ。
降りて来てそこ使うのが得意そうな武藤と、
前に当ててどんどん上がってくる長澤がもし出てくれば、
この試合のキーマンになれるんじゃないかと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito