【TV観戦記】Jリーグ 横浜3-2浦和 繰り返し

TV観戦記
02 /25 2017
この試合を見て、点数たくさん入ったから面白かったでしょ、
ミシャに随分舐められてんだな、僕たち。

ゴール

13分 バブンスキー
63分 ラファ
65分 ラファ
86分 ウーゴ
90+2分 前田

横浜

____富樫____
学_バブンスキー_マルティノス
__天野__喜田__
金井______松原
_デゲネク__中澤__
____飯倉____

71分 富樫→ウーゴ
81分 バブンスキー→前田

浦和

____ラファ____
__慎三__陽介__
ウガ______駒井
__アベユ__青木__
_槙野_遠藤_森脇_
____周作____

61分 青木→関根
73分 柏木→那須
90+3分 森脇→ズラ


まずは、序盤から横浜の猛プレス。
前線から鋭い出足でボールを追い回し、チャンスを量産。
右の森脇が齋藤に対して後手を踏み続け、
青木が援軍に行ったところを折り返されバブンスキーがゴール。

このシーンだけでなく、周作が何度も1対1の決定機に曝され、
相変わらずプレスかけられた時の掻い潜り方に問題を残しています。

特に齋藤に気が行き過ぎて、全員がボールウォッチャーになり、
バイタルの侵入者に誰も何の注意も払わない惨状は、
前半の前半当たりの時間帯、ずっと続いていました。

相手の圧力も弱まり、駒井・森脇サイドがやっと落ち着くと、
ウガ・槙野サイドから反撃開始。
特に今日はウガが抜群の出来で、何度も松原の裏を取る。
プレスも90分続くわけもなく、横浜の失速も予想されましたので、
まあ、軽く逆転できるかな、とは思ってましたが。

そして、後半に入ると案の定浦和が攻勢を強め、
ラファが立て続けに2ゴール決めたまではよかったのですが、
ここでまた、浦和は恐るべき勝負弱さを発揮します。

青木が喜田と絡んで負傷し、結局交代を余儀なくされます。
前線で精彩を欠く陽介を一列下げるかと思いきや、
関根を右に入れて駒井ボランチという奇策に出ます。

さらに、シャドウの陽介に代えて、那須を投入するという、
極端に守備的な采配が結局命取りになったような気がします。
何がしたかったのか、僕も、きっと選手もわからなかったと思う。

シャドウには忠成、ボランチには長澤、右サイドには関根、
それで何の問題も起こらなかったと思いますが、
この謎の一手で浦和はとどめを刺すどころか相手を自陣に引き込み、
結局セットプレイで同点に追いつかれる。

そして、慌てて前掛かりになったところを、
1点目と同じく、斎藤に右サイドを引き裂かれ、
1点目と同じく、バイタルの監視を忘れて前田にとどめを刺されました。

あまりにも軽率、あまりにも稚拙。
すべての責任はミシャのあると思います。

点数がたくさん入ったら面白いかって?そんなわけないでしょ。
ターンオーバーに文句?誰も言ってないでしょう。

齋藤にやられた試合と総括していましたが、
槙野がマルティノスをしっかり消してくれていたわけですから、
後は唯一の横浜の希望である齋藤さえしっかり手当てしておけば、
なんてことなかった試合でした。

しかし、相変わらず男のロマンあふれるハーフコートゲーム仕掛けて、
わざわざ齋藤に広大なスペース与えてるんですから、自殺行為としか。
ゼロックスで露わになった課題も、WSWに快勝してうやむやになり、
何ら改善されることなく、同じスタジアムで同じ失態を繰り返す。
やはり勝負師としては三流と言われても仕方ないんじゃないかなと思う。

この時期、1試合負けたぐらいでアタフタする必要もありませんが、
2012年に戻ってしまったような浦和の未熟さを見て、
また今年も同じこと繰り返すんだな、と改めて覚悟させられる試合でした。

こっちはフィンケの時に、理想のサッカーなんて言葉は捨てましたけどね。
どう立て直していくのか、ぬるく眺めていようと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito