【展望】Jリーグ アウェイ横浜戦 得点力は上がったの?

展望
02 /23 2017
1月のタイでのゲームしか見ていないので、
鞠さんがどんなふうに仕上がっているのか見当つきませんが。
2月の練習試合から妄想するに。

ファーストチョイス

____富樫____
マナブッシ_ウーゴ_マルティノス
__扇原__バブンスキー
山中______松原
_デゲネク__中澤__
____飯倉____

交換用パーツ

____翔サン____
遠藤__天野__前田
__中町__喜田__
新井______金井
__パク__高野__
____原田____

こんな感じなんですかねえ、栗原と下平のかけらもありませんが。

齋藤残留というまさかの僥倖によって、なんとか体裁を保った印象。
こうやって見ると、新しい外人が機能さえしてくれれば、
俊様、小林、兵藤、ファビオ、榎本といった主力の流出も、
逆に世代交代を進める契機にもなり。戦力もさほど落ちていない。
正直、上手いことやったんじゃないかな、シティは。

それにしても、
クロアチア人とマケドニア人とオランダ人とポルトガル人と韓国人は、
フランス人監督とどのようにコミュニケーション取ってるのか心配です。

2月は喜田とパクの姿が見えませんでしたが(怪我ですかね)、
開幕には誰が間に合うのか、関心もないのでよくわかりませんが。
モンパさんは新戦力がきっと好きなんだろうと勝手に妄想して。

ワントップは富樫か翔さん。
両翼の齋藤、マルティノスは鉄板と思われますが、
マルティノスは弱虫なので、途中出場もあるんでしょうね。
去年、先発は前田というのがよくありましたし。

ウーゴはセカンドストライカー、バブンスキーは配球役ですかね。
まずは一度見てみないと何とも。

ボランチは喜田、中町が間違いないんでしょうが、
扇原さんがウリですし、左利きのボランチというのも楽しみでしょう。

サイドは山中、松原の新入りに金井が絡む感じ。
CBは中澤さんにパクなのか、新しいクロアチア人なのか。

フィットしてなければ、大崩壊しかねないのも事実ではありますが。

ただ、浦和対策を施すモンパさんの事ですから、トップ下削って、

__扇原__バブンスキー
____中町____

とアンカー置いて4-3-3(5-2-3)というのも十分考えられます。
昨年の最終節もこの布陣でしたし。


一方の浦和は、こんなかなあ。

____ラファ____
__慎三__忠成__
菊池______駒井
__アベユ__青木__
_槙野_遠藤_森脇_
____周作____

ラファは使える目途が立ちましたし、慎三もチュンもフルには使ってない。
サイドはターンオーバーしても、全員好調なので心配はない。
青木のところに、ヤジか長澤というのは十分にあると思います。

次のソウル戦も大事ですが、ACLはまず勝ち点3取れたので、
リーグ開幕戦もしっかり取りに来るんじゃないかなという気がします。
崩れかけた守備をしっかり修正して完封できたのは大きい。

俊様がいない以上、昨年以上に「戦術は学」という傾向は続くでしょうから、
飛行機で疲れた疲れた言ってる森脇のところがポイントになると思いますが、
まあ、何とかしてください、知りません。

ソウル戦、鹿島戦、WSW戦を見て、前線でのダイレクトプレイが目立ちます。
タレントも揃ったし、攻撃力は上がっていると思います。
先制した後、何点追加して相手を叩きのめせるか、
追いついた時にいかに一息つかずにひっくり返せるか、
終盤でどれだけゴールを積み重ねることが出来るかが、今年のテーマかと。

そのために、リスク承知で前で網を張るわけですから、
当然、ハイリターンがないと割に合いませんからね。
それを試すには、堅守マリノスは格好の相手です。

今年も開幕から走らせてもらいましょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito