【TV観戦記】ゼロックス杯 鹿島3-2浦和 払拭できない未熟さ

TV観戦記
02 /18 2017
いつまで同じようなことしてるんですかね。

ゴール

39分 遠藤/鹿
43分 遠藤/鹿
74分 慎三(PK)
75分 武藤
83分 鈴木

鹿島

__PJ__金崎__
土居______遠藤
__レオ__満男__
三竿雄______西
__昌子__植田__
____スンテ____

65分 金崎→鈴木
69分 レオ→永木
82分 三竿→山本

鹿は意外にもほぼほぼファーストチョイス。
ACLは捨てた模様です。

浦和

____ズラ____
__武藤__忠成__
菊池______駒井
__アベユ__青木__
_ウガ_遠藤_森脇_
____周作____

HT 忠成→慎三
64分 菊池→関根
64分 駒井→長澤

槙野、陽介は営業なのかベンチ外。
周作が復帰、1トップはズラ。
両サイドは駒井、菊池、ボランチに青木。
十分に戦えるメンバー。


ぶっちゃけ本番ではないので、テストするのは構わない。
しかし、相手の元気な前半からリスキーなハイラインで、
ラインブレイクを繰り返され、続けざまにピンチを迎え、
まんまと2点のリードを許した前半の戦い方に、
どんな展望を見出していいのか、よくわかりませんでした。

自分たちのサッカーを試すというのも大切でしょうが、
いかに強い相手に勝ち切るかという観点は全くありませんでした。

確かに、前線からの囲い込みや、ワンタッチの増えた前線の崩しに、
好調の菊池と復調の駒井が抉るサイド攻撃も有効に機能しており、
キャンプの成果はそれなりに見せてはもらいましたが、
鹿にとって、ある程度の備えがあれば、大きな脅威ではない。

むしろ、ちょっと引っ掛けたり、跳ね返ったりして、
浦和の最終ラインの裏にこぼれたボールへの反応があまりに鈍く、
鹿の前線に走り負ける場面が散見されれば、決壊は時間の問題。
後追いで対応していたのでは、鹿の精度に抗することはできません。

2012~2013頃の腰高の戦いと同じとまではいいませんが、
サッカーの1点の重み、先制することの大切さに対して、
まだまだ軽視しているし、厳しさが足りませんし、
そうしたことが、最後の最後でタイトルを逃してきた一因なんですが。

去年、勝ち点74を取れた理由を、ミシャは本当に理解しているのか。

ACLが心配です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito