【観戦記】SC杯 浦和1-1ソウル 長澤のゴラッソでスタート

観戦記
02 /13 2017
毎年お馴染みの数々の威勢のいいキャンプ情報に包まれて、
TMは華々しいゴールラッシュ間違いなしな気分に浸りながら、
寒風吹き荒れる駒場においでになった方々にとっては物足りなかったかも知れませんが、

相手はソウルですぞ。

まあ、寒かったのは西だけだったようですが、
あれでゴル裏2500円のぼられた感はひとまず胸の奥にしまいまして。


ゴール
38分 イ サンホ
83分 長澤

前半の浦和

____慎三____
__武藤__忠成__
菊池______関根
__アベユ__陽介__
_ウガ_ワタル_モリ_
____エノテツ____

後半の浦和

____ズラ____
__ヤジ__アド__
駒井______ヒラ
__青木__長澤__
_マキ_那須_田村_
____岩舘____

ソウル

知らん


ベンチ入りの23人全員ピッチ出していいというレギュレーションで、
46人中、りょーたろー以外45人が出場するというお試しマッチ。

強烈な北東の風が吹き荒れる駒場で、前半、ソウルは風上を選択。
ロングフィードに精度を欠く浦和を前から嵌めて押し込む展開。
ルーズボールの処理にもたつく森脇からボールを奪われ、ウガサイドに展開され、
ソウルの8番にしっかりと右足を振り抜かれて、サイドネットに先制点を突き刺され。

浦和の自陣でのDFはどうしても後追いになり最後まで相手をつかみきれず、
出足、球際、精度で上回るソウルに振り回されている印象ではありました。
この程度で済んだのは、むしろ御の字。
武藤には決めて欲しいところでしたが、前半0-1は妥当な結果でした。

後半は風上から押し込んでくれるものと期待したのですが、
むしろ浅いDFラインの裏を突かれて、前半よりもゴールに迫られる回数が増える始末。
ただ、風の影響かソウルもフィニッシュに精度を欠いて枠外にシュート飛ばしてるうちに、
浦和にチャンスが転がって来たのも、世の常というもので。

那須のクロスをヤジがスルーしたところから局面を打開。
ズラが左に流して、駒井のクロスのディフレクションを上がっていた長澤が右足一閃。
シュートコースは右上にしか空いてませんでしたが、見事に射抜いたゴラッソでした。

ヤジに比べてロングフィードの精度や展開力に難があるように言われてましたが、
第二次キャンプ終盤にはポコポコ決めてたようですから、あのエリアは得意なのかも。
なかなか、後ろからのミドルが決まらないチームなので、ヤジともども期待しています。

このような顔見世興行で、多少嚙み合わないのもご愛嬌の範囲で、
半月後にぶつかる相手に手の内も見せられませんので、まあこんなものかと。
火曜日にも川崎と内緒のテストマッチがあるようなので、しばらくは試行錯誤です。

まあ、今年はとにかくリーグ戦取って、がっぽり賞金貰うのがファーストプライオリティ。
いきなりピーク持ってこなくてもいいような気がしますが。

今年もよろしくお願いします。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント