【展望】CSアウェイ鹿島戦 恐れることはない

展望
11 /26 2016

他人事ですが、なんか悔しいですね。
勝ち点72の2位が、勝ち点59の3位と、
たった90分のゲーム一つで順位を入れ替えないといけない。

電通というブラック企業には、もうサッカーに関わって欲しくない。

一発勝負の大一番で甘さがあったと言えば、否定もできませんが、
そもそも、失うものしかない試合を強いられた側のモチベーションは、
そんな単純に理解されても困ると思いますが。

CS川崎戦の鹿

____むう____
ファブ__土居__遠藤
__満男__永木__
山本______西_
__昌子__ソッコ__
____アゴ____

前半からクロスの出所へのプレスが甘かった川崎でしたが、
後半早い時間に左の山本からクロス入れられ、ピンポイントで金崎。
少ないチャンスを生かした鹿島はさすがでした。

しかし、それ以降は腰が引けてビルドアップもままならず、
川崎の攻勢に押し込まれる展開。
憲剛や登里に何度も決定機を作られましたが、何とか逃げ切った試合。

鹿島=勝負強い、というお決まりの文句に拘る各メディアでしたが、
風間さんの言うように、単に川崎が決められなかった試合であり、
鹿島が盤石な試合運びをしてたわけではありませんでしたが。

最後に谷口が決めていれば。紙一重でしたね。

ただ、鹿島に関しては、
しっかり止めてしっかり蹴る川崎には、多少相性が良いイメージ。
逆に、フリック、スルー、ダイレクトを多用する浦和の方が苦手そう。

カシマスタジアムでは、ギド以降、負けたのは実はフィンケだけですし、
別に3冠獲った時の鹿島ではないので、さして怖がることもないかと。
浦和は鹿島に対しては、油断もせず、不用意に見下すこともせず、
純粋にぶっ潰したいという雰囲気が作れるので、結果が良いのかも。

鹿島は前の4人が流動的。
SHはカットインしてくるし、むうはサイドに流れるのが大好きだし。
ボックス内では土居が結構うまくボールを持ち出すので要注意。
むうも流れる割には、肝心な時には突然真ん中にいるので要注意。
遠藤は左足で巻いてくるシュートがえげつないので要注意。
ファブリーズは、・・・・戸田にしか見えない。

攻めてくるときは2-4-4。特に西より山本が抉ってくるので、
何かフィジカルなファブリーズと、左に流れるむうさんと、
いろいろ、駒井と森脇が大変そうです。

ボールの奪いどころは永木と満男のところなのですが、
もともと、浦和はあんまり真ん中でボール持たないので、
そこら辺も鹿島からするとやりにくさはあるのでしょうが。

最終的には、鹿島のボランチがどれだけ前線に絡めるかでしょうが、
浦和には、ボランチの1枚が落ちて(多分満男)、5バック形成するので、
前までの距離は、結構空いちゃうでしょうが。

CBは、中澤さんのとことかと比べると、言うほど大したことないので、
後半のリーズラ大作戦の頃には、何とか攻略できるでしょう。

川崎に比べれば、やりやすい相手だと思います。
それでも、リードされるといろいろ面倒な相手なので、
アウェイゴール取って、しっかりリードして帰ってきたいと思います、
平日夜の日帰り海外旅行。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito