【展望】天皇杯 川崎戦 川崎のモチベーションは?

展望
11 /09 2016
やはり、リーグ戦が終わるとどうしても気が抜けるものですが、
まだまだやることは残っています。

過去、鹿島と吹田は三冠を獲得していますが、
改めて、よくモチベーション保てたもんだなと感心します。
ただ、一方でわかるような気がするのは、
タイトルを熱望するというより、次の試合に備えるというルーティンが、
いいサッカーをできている時には、さほど苦痛ではないのかな、ということ。

いつも通りの準備をして、いつも通りに試合に臨むことができる。
ルヴァンを取り、年間勝ち点1位を取って、少し背中の荷が軽くなった彼らには、
それが、今は楽しくて仕方ないのかも知れません。


リーグ最終節の川崎

____長谷川____
_大久保__三好__
登里_____エウシーニョ
__ネット__中村__
_車屋_谷口_田坂_
____新井____


浦和が代表に周作、槙野を供出してるのに対し、川崎の代表派遣はゼロ。
一方、怪我の小林と大島の出場は、土曜日も微妙な状況。

一方で、早々とカザフィ大佐の退役が発表され、後任も鬼木コーチの内部昇格で確定。
また、エース大久保の瓦斯移籍が濃厚となり、小林にも複数クラブからのオファー。
来年は、かなりの体制変更、ぶっちゃけ弱体化が見えてきている状況。

浦和の場合、山瀬以来まともな引き抜きを食らったことがないので、
どうも、あまり経験のない、想像しづらいシチュエーションなのですが、
川崎に携わる人たち(チュンの好きな言い方)の心情はどうなんでしょうかね。

慰留振り切って監督とエースが出ていくのがわかっていて、
今までありがとう、今年最後まで一緒に戦おう、なんて心の広いことが、
自分に言えるだろうかと考えると、甚だ疑問ではありますが。

華族の人たちは人格者集団だから、まあ可能なんでしょうが。
熊谷では荒ぶってましたけど。


最終節の川崎は見事でした。

終盤戦勝ったり負けたりといま一つさえない内容で、鹿島戦も防戦一方でしたが、
この日は若い長谷川、三好がとんでもなく切れていて、前線をかき回す。
大久保は一列下がってゲームメイクに従事、憲剛と若いFWを巧みにリンクし、
寝ぼけ気味だった吹田を圧倒していました。

ただ、ボールの失い方はあまりよくなく、カウンターのピンチは散見されました。
それを、切り替えの速さでカバーしていましたが、そこに余計なパワーを費やし、
後半の失速を招くことに。チーム全体が動けすぎたことが仇になりました。

効率の悪さを考えれば、まだ本調子ではない。
3ヵ月前に、埼スタでじっくりと浦和を仕留めて見せた川崎ではまだない。
モチベーションもどこまで高いか疑問ですし、付け入る隙はあります。


浦和の方は、平常運転。
ポイントは、槙野のところに森脇なのかウガなのか。

森脇は、何試合かこなせば左もこなれて来ますが、最初はやはり不安定。
ルヴァンで無難に務めたウガは、やっと怪我から復帰してきたところ。
さて、どうしますかね。

CSまで間もありますので、ターンオーバーの必要もありません。
大谷以外は、いつものスタメン、いつものサブなんだと思います。
特に、延長もあるこの試合、後から入る選手の出来がカギになりそう。
チュンとズラですかね。J随一の反則サブがいるので、長くなってもうちのもの。

等々力というのが気にくいませんが、お友達の瓦斯さんも待ってることですし、
しっかり次に進ませてもらいましょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito