【展望】Jリーグ アウェイ新潟戦 1試合1試合

展望
10 /18 2016
前期ドローながら、一般的に勝ち点をもらえてる新潟ですが、
相性がいいかというと、全くそういう印象はありませんわけで。

ワンチャン決めさせてもらったり、オウン決めてもらったり、
いつも最少得点差で、辛くも結果だけいただいてるような気が。

2013/03/30 J1(A) ○2-0 槙野、丸塩
2013/08/31 J1(H) ○1-0 慎三
2014/05/24 ナビ(A) ○1-0 OG
2014/07/19 J1(H) ○1-0 OG
2014/09/23 J1(A) ○2-0 慎三、森脇
2015/06/27 J1(H) ○5-2 慎三、武藤、武藤、慎三、那須
2015/08/12 J1(A) ○2-1 ズラ、ウメ
2015/09/02 ナビ(A) ●0-5
2015/09/06 ナビ(H) ○3-0 アベユ、チュン、アベユ
2016/05/14 J1(H) △0-0

勝ってはいるんですが、攻められ放題打たれ放題の時間帯も多く、
ただただ、新潟の絶望的な決定力の無さに救われているのが実情。
間違えて、シュートがまともに飛べば、とっくに崩壊してます。

まあ、一度崩壊してますが。

2nd13節鹿島戦 吉田監督最後の采配

____ラファ____
__山崎__ノツダ__
コルテス______小泉
__レオ__小林__
_前野_マイケル_松原_
____守田____

2nd14節磐田戦 片渕監督最初の采配

__指宿__ラファ__
成岡______加藤
__レオ__小林__
コルテス______松原
__西村__マイケル__
____守田____

新潟のキーマンはボランチの2人。
起点はすべて、レオシルバと小林のところで担っている印象です。
散らせるし、持ち上がれるし、ポゼッションできるのもこの2人のおかげ。
Jの中でもクオリティの高い中盤の底じゃないかと思うんですが。

前のタレントは、ラファエルシルバ、指宿、山崎、野津田、武蔵。
少し下がって、加藤大、成岡、達也等、妙に揃っています。
ただ、決められない。打つところまでいかない。

ゴール前のポジション取り、オフザボールの動き、周囲との距離感、
そんな部分何とかしないと、走ってばかりで実にならんのでは。
まあ、山崎はコンスタントにいい動きしてるし、ラファさんも安定してる。
指宿も磐田戦のボールタッチ見る限りは好調そうなので、要注意です。

鹿島戦は繋ぐばっかでちっとも前に行けなかったので、
多少危なっかしくても前に突っ込めてた磐田戦の4バック採用かな。
浦和5トップに対しては、ボランチが1人下がって対応できるし。

そうなるとSB。コルテースと磐田戦出場停止の小泉かな。
コルテースは能力的には相当高いんだけど、なんせムラが大きすぎる。
メンタルのスタミナが足りなそうだから、あまり気にしないけど。

最大の問題はバックラインとGK。

大井の穴は大きそう。まともなCBがいないから、真ん中が本当に弱い。
SBタイプの大野や前野に頼ったが、怪我で離脱。
舞行龍は名前凄いけど、所詮成立育ちの好青年だし、迫力不足、オーラなし。
増田や西村はJ1では極めて厳しいレベルで、速さも強さも上手さもない。
アギチル松原はフィジカルあっても不用意なファールが多すぎる。
もう、ミッツをしばらく貸してあげたいくらいの状況です。

セットプレイも、横一列のゾーンで守ってる割に、
突っ込んでくるアダイウトンやジェイに簡単に合わせられてましたし、
セカンドボールを全く回収できず、岳くんにボレー叩き込まれるし。

それと、もう一つの狙い目は、レオシルバ。
彼のボールの持ち上がりや攻撃参加は、新潟の攻めの切り札でもありますが、
彼が前にいるときにボール奪ってカウンター仕掛けられれば、
後ろの強度を欠くだけに、大きなチャンスに間違いなくなります。

磐田と鹿島のレベルの違いもあるでしょうが、
磐田戦はどんどんボールを前に運ぶことで、
バックラインの綻びを、ある程度隠ぺいすることが出来てました。

ただ、浦和相手に勝ち点3を狙ってくるとも思えないので、
戦い方はかなり変えては来るでしょうが、どんな展開になるやら。

今後の残り試合、浦和はルヴァン決勝のメンバーがベースになると思います。
ウガが戻れるといいんですが。

浦和はルヴァンで優勝した直後、どうしてもテンションは緩んでいます。
最大の目標である年間勝ち点についても、川崎との差はまだ1。
身体も心も、重~い感じでゲームに入るかも知れませんが、
その時はとにかく、選手もサポも焦らず、我慢しないとね。

あと3試合ですが、まずは1試合、目の前の1試合。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito