【展望】Jリーグ ホーム鳥栖戦 好調な相手ですが

展望
09 /07 2016
しかし、今年ももう残り7試合ですよ、奥さん。
まだまだクソ暑い毎日で、秋の気配など微塵もないし、
しょうもないCS控えていて、終盤戦の風情もないですが。

1リーグ制の復活が噂されるようになったのはよいことですが、
そもそも、リーグ自体がすぐ引っ込めてしまうような制度に、
金払ってまで、サポの反感かってまでこだわったスポンサーって、
一体何だったのだろうか。

あれほど、客が増えて成功したとプロパガンダしたのであれば、
むしろ、金入ったからと言ってやめてしまうのもおかしな話。
もし2年でこの制度が本当に終わるのであれば、
その功罪をきちんと総括することが、ユデガエルの贖罪でしょう。

こんな過ちは、二度と繰り返して欲しくないわ。


前節新潟戦の鳥栖

__カビル__豊田__
____鎌田____
_福田____キムミヌ_
____高橋____
吉田______藤田
__谷口__キムミン__
____木木____

謎外人カビルは胸板が厚すぎてただのデブかと思いましたが、
なかなかどうしてプレイは軽やかで、初スタメンとは思えぬフィットぶり。
何が特徴なのかは見当つきませんでしたが、鎌田との息があってくると、
ちょっと、脅威かも知れませんが。

ただし、このカビルの位置にセカンドステージ1節は富山、2~9節は早坂。
そして、それ以外の10人は1節から全員固定。
ミシャなんか問題にならないほど柔軟性のかけらもないメンバー構成。

フッカちゃんお得意のマッシモトーキョー的4-3-1-2は、
このメンバーの固定化で急速に仕上がりつつあります。
特に3ボランチの両脇に、キムミヌと福田が落ち着いたのが大きいと思われ。
米本級の化け物でもいない限り、務まらんポジションかと思ってましたが。

1~5節のゴール数は、3、2、3、0、3とらしくありませんでしたが、
6~10節になると、1、1、1、1、1と、もうまさにウノゼロ仕様。
相手を押し込んで圧倒するでなく、豊田が虎視眈々と前線でチャンスを窺い、
鳥栖伝統の圧倒的な運動量で相手の攻撃の芽を摘み取り、終盤攻勢に出る。

この暑い季節に、当たりたくない鬱陶しい相手ではあります。

特に吉田の好調さが目立っています。キレッキレです。
関根が大変です、また、チュンくんに罠でも仕掛けてもらいたいところです。

フッカちゃんは決してミシャが得意なわけではありません。
前回のアウェイは、ソウル帰りで性も根も尽き果てた状態でのドローでしたが、
去年は、毎試合4ゴール叩き込んでいたわけですし、
だからこそ、前回は陣形崩してまでミラーゲームで挑んできたわけで。

1st15位に沈んだ鳥栖が2ndは3位。これを自信にこのままぶつかってくるか、
それとも、要塞埼スタでの浦和の5トップを恐れてゲームを殺しにかかるか。
好調とはいえ、内容以上の結果を手にしているというのが率直な感想。
あまりリスペクトし過ぎず、浮き足立たず、いつも通りのホームゲームを。

こっちは、無理に代表メンバー組み込むこともありません。
ズラも収め始めているし、トシも乗り始めているし、青木ものさばり始めている。
神戸戦のメンバーで、十分に戦えると思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito