【展望】Jリーグ ホーム川崎戦 いつも通りで

展望
08 /18 2016
天王山なのかも知れませんが。

前節の鳥栖戦

____大久保____
長谷川_橋本__小林
__ネット__憲剛__
武岡_____エウシーニョ
__谷口__井川__
____ソンリョン____


浦和同様、こまめに動きながらパスをつなぎ続けるサッカーは、
夏になるとちょっと厳しいんじゃないかと思っていましたが、
その割に高速レースを絶賛継続中の両クラブではあります。

ただ、さすがに鳥栖の暑さは堪えたのか、精彩を欠いたのが前節。
そもそも最近の川崎は、ゴールシーンこそ鮮やかではありますが、
試合全体通せば、必ずしも試合をコントロールできているわけではない。

代わったばかりのエドゥワルドが2度も肩はずしてみたり(はめたけど)、
代わったばかりの三好がキムミヌに十六文食らわして退場してみたり、
まあ、チームの出来がどうこう以前の試合ではありましたが。

攻めるときには、ネットが最終ラインに寄り添ってSBを押し上げますが、
別に縦に急ぐことなく、相手選手の間に入り込んで足元で受け、すぐはたく。
球離れがいいから次第に相手はボールウォッチャーになってくるので、
隙をついて、大久保や橋本に矢のような楔を打ち込み、中央突破を図る。
跳ね返して安心してると、セカンドボール取られてサイドに展開される。
それはそれとして、見事な型をお持ちではありますが。

ただ、フォアチェックのパワーがないので、鳥栖にボールを持たれる時間が長く、
気持ちよく走り回る鳥栖に、何度もゴール前で決定的シーンを作られ、
チョン・ソンリョンの働きがなければ4~5点取られていたゲームでした。

このGKの加入が、今年の川崎の躍進の一番のポイントではないかと思ってますが、
一方で、CBの脆弱さ、そしてCBとGKの連係の不安定さは、
看過できない川崎のウィークポイントなのではないかと。

鳥栖も、川崎のSBの裏より、CBの裏を狙っているようにも見えました。
そして、そこから結構危なっかしいシーンを量産してたので、そうなのかなと。
プレスが甘い川崎の中盤を抜けて、CBとGKの間を徹底的に突けば、
意外と脆いんじゃないかなという気がします。

等々力では、KLMの見事な連係から寿司がもたらされたわけですが、
暑いんでそんなにガチガチの試合にもならんでしょうから、
付け入る隙は十分にあるんじゃないかと。怖がることはなさそうです。

車屋も三好もいない。中野も森谷も使われていない。大島は病み上がり。
不気味なのは大塚の顔だけです。
航は大丈夫そう。慎三も水曜別メニューでしたが問題ないでしょう。
ホームで戦える浦和の死角は、森脇の力みぐらいのものです。

まだ先は長いので、引き分けでもいいようなゲームではありますが、
川崎相手となると、そんな大人しい試合にはならんでしょうから、
しっかり攻めて、ゴール重ねて欲しいかなと。

気負わずに、いつも通りで。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito