【展望】Jリーグ アウェイ甲府戦 暑いので総力戦

展望
07 /30 2016

なかなかリードが奪えない中、
最後は陽介がパスを通してウメが決める、
そんなイメージの強い小瀬ですが。

暑いんでしょうな、盆地は。

4節鹿島戦の甲府

____ドゥドゥ____
__田中__河本__
橋爪______松橋
__稲垣__黒木__
_津田_新井_土屋_
____河田____

5節名古屋戦の甲府

____ドゥドゥ____
__河本__稲垣__
橋爪______松橋
__パラナ__黒木__
_新井_山本_土屋_
____河田____

クリスティアーノという核弾頭を失って、
もうこれは降格でチュカ、とか思っていたら、
思いのほか、柏で不発だったドゥドゥが嵌ったようで、
鹿島、名古屋相手に3ゴールと確変中の甲府。

特に、浦和もやられた稲垣がどんどん前線に顔を出して、
ゴールに絡みだしてるので注意したいところですが。
また、セットプレイでもしっかりとシュートできているので、
1点取ればもう安心、というチームには見えませんが。

一方、得意の引きこもりベースの堅守速攻といったイメージは薄く、
意外と簡単に失点しているシーンも増えてまして、
出られるのか知りませんが、土屋の爺さんへの依存度も高い。

つうか、こいつまだやってるのかよ。

鹿島戦なんかは、点取られてやけくそで取り返していた感もあります。
名古屋に関しては、甲府にとって格下の相手ですから参考にならず、
本当に得点力が強化されているのかは半信半疑。

増してや、どんなに攻めが好調でも、浦和相手には専守防衛決め込んで、
ドロー上等の志の低さを露わにするチームも少なくないから、
ミシャがイラつくわけで。

大原でも、おそらくミシャは、相手が引きこもると決め込んでいるようで、
熱心にミニゲームで崩しのシミュレーションを繰り返していた模様ですし、
ロースコアで推移することになりそうです。

前の3人は忠成、武藤、それと陽介かウメ。
でも、それに90分かける必要はない。
ポゼッションと前線からのプレスなら、ズラ、石原、トシでも十分。
しっかり甲府を振り回し、パワーを残したメンバーで後半追い込む。
ギアアップが見えれば、甲府も当然焦るでしょうし。

14人でどう勝つか、そういうゲームではないかと思います。
運が向かなきゃ引き分けでもいい、それぐらいの余裕があってもいいのでは。

先は長いし。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito