ホームG大阪戦 最上級のスコアレスドロー

観戦記
05 /17 2009
今日のB級グルメは、阿蘇高菜ラーメン。
303ゲート前、味千拉麺。なかなか落ち着ける穴場です。

P5160002_convert_20090517010748.jpg P5160003_convert_20090517010714.jpg

SBホーム席に、忽然と現れたUMBROバカップル。
オフィシャルに青いの脱がされていましたw。
無事で何よりです。
今の埼スタの住人は、そんなにガンバサポに好意的でないですからね。

P5160009_convert_20090517010850.jpg

それにしても、緩衝帯広すぎだろ。
むしろ、大きな、高いネットを間に立てればいいんだよな。
そして、なにか起こったら、アウェイ側に倒す。これで一網打尽。

P5160001_convert_20090517011650.jpg P5160005_convert_20090517011944.jpg

今日のスタメンは、前節と変わらず。今日もセルは追試です。
俺を出せオーラ全開中のアレは、鳥かごで遊びまくり。

P5160012_convert_20090517012109.jpg P5160015_convert_20090517012142.jpg

そして、出ました、禁断のデカ旗。
去年の騒動以来という、すっかり曰くつき一品となりました。
この日負ければ、本当に二度と出せなくなるじゃないか。

旗の周りを、赤いシートで埋めるあたりは、こだわりありますが、
開門時間後にあわててシート撒いてたのは、
めずらしく、やっつけ仕事じゃないですか、Sさんw。

P5160021_convert_20090517010951.jpg P5160022_convert_20090517011027.jpg
P5160023_convert_20090517011101.jpg P5160024_convert_20090517011135.jpg

それにしても、こんなにわくわくするスコアレスドローは、
いままでありましたかねえ。

決定力がないといわれれば、それはその通りなのですが、
美しい攻撃と粘り強い守備には、ただただ満足でした。

勝敗はともかく、ガンバを内容で完全に凌駕した試合なんて、
僕の記憶には、あまりないですね。
Jのトップレベルのチームに、浦和の新しいサッカーが、
これだけ通用したのは喜ばしいですし、大きな自信になりました。

暢久って、あんなに足速かったでしたっけ。
右サイドを超高速で突破するたび、鳥肌が立ちました。
おそらく、涼しい日限定なんだとは思いますが。

今日は、セルのいいところが発揮されました。
DFを左半身で引きずるような、重戦車のようなドリブル。
間違いなく、前半限定でしたが。

直輝も相変わらず絶好調。
中盤を組み立て、パスを引き出し、決定的なスルーを通す。
ポストとバーに嫌われたシュートも、あそこに飛び込めたからこそ。

ツボも全く迷いなく、裏に抜けようとするFWをシャットアウト。
後半は激しいオーバーラップを見せ、
敵味方とも、大混乱に陥れます。

そして、この日はやたらゴール前に顔を出していた啓太。
直輝・元気・セル・萌と組み立てた、見とれてしまうような前半の攻撃、
最後のヘッドが明神にカットされなければ、元気が決めていたな。
ツボ同様、彼が前線に現れると、相手はパニックになるようです。

レアンドロのカウンターのシーンも、ツボの粘りで事なきを得、
バンドの飛び出しから明神のボレーもバーにはじかれました。
それ以外は、まあ、ガンバのサッカーはほとんど何もさせませんでした。

P5160019_convert_20090517011731.jpg P5160011_convert_20090517011837.jpg

そりゃ、物足りない点もあります。
それは、ゴールへの強い意志、確固たるフィニッシュへのイメージの不足。

真ん中で、ドフリーでパスをもらいながら、散らすことしか頭にない啓太、
献身的でも、強引さがないため、得点の匂いのまったくしない高原、
ダイレクトでは絶対に打たず、あくまでドリブルでの最終ライン突破にこだわる元気、

今のままでは、点取れません。

まあ、これはこれからの問題なんでしょうね。

去年までであれば、
こんなにいい内容なのに、勝ち点3取れなかったのは悔しい、
そう、感じていたのかもしれません。

でも今は、そのサッカーの質がぶれないものであると信じられますから、

今日がこの程度であれば、次はもっとよくなる、
どこまでいけるんだろうか、浦和は。

そういう楽しさの方が、大きいような気がします。

直輝が出られない大宮戦も、心配ではありますが、
高原やアレや峻希や赤星が、涼しい顔して代わりを務めてくれる、
そんな確信のようなものが、わいてきたりしています。

それにしても、バクスタの客、判定にうるさすぎ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

暢久は、よく動いてました。
最後の詰めの甘さは・・・いつものこと。
でも、な~~んか憎めないんだよなぁ~。
淡白なコメントも、おもしろすぎだし。
よくサイドを駆け上がってましたよね?
何より、楽しそうにやっている姿がいいっす。


ただ、セルは・・・
前節よりはボール保持はできてましたが、
暢が阿部ちゃんに蹴って貰え!と示唆してるのに、涼しい顔して、動かず。
態度でかすぎ!

FKで阿部ちゃんのアシストもドジって・・・
CKは強く蹴りすぎて、ファーばっか・・・
で、ディフェンスのために走り回る、ってことができなくて・・・・
直輝を見習え~~~!
(なのに、直輝にアドヴァイスなんかしちゃってる~~)

さあああて、ナビスコで、赤星の姿をピッチで見たいもんです。
期待してるぞ~~!

赤人さま~

涼しかったですねー。
この涼しさでは、父・山田の出番と思っていましたが、ヤハリでしたねー。
レッズの試合を初めて見たのが95年ごろでしたけど、目についたのが父・山田!
それ以来のごひいき選手です。

孫・山田の登場で老けこむかと思っていましたが、なんのなんの。
回春剤bになっているのかなー。
ジージも試してみよう ヘ(..、ヘ)☆\( ̄∇ ̄) ベシッ

>ファイトさま
セルのチャンスはそう多くはないと思います。彼が出番を失うというより、周囲が伸びてきそうです。彼はここ数年、どうも正しい危機感を持てないでいるようなので、1回レンタルにでも出すのもありかと思っています。その前に覚醒してほしいですが。

>じ~じさま
せめて、山田兄弟と言ってあげてw。

あかひとサマァー

やだ!!!
なかまだもん!!!

        ジージ

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito