【展望】Jリーグ アウェイ仙台戦 ユアテック怖い

展望
07 /11 2016
航と慎三が旅立つまであと2試合となりました。

前節吹田戦の仙台

__藤村__波紋__
梁_______奥埜
__三田__富田__
石川______大岩
__渡部__平岡__
_____関_____

野沢、金園、金久保は負傷離脱。
3連敗で、すべて3失点と、守備が崩壊気味の今日この頃。

4-4-2でボールを大事にする、柏とよく似たパスサッカー。

若い中盤の藤村くんがセカンドトップ任されてますが、
菅井ではなく大岩使ってるところが、まずは守備的な印象。

前線に強引さを持って切れ込んで切るのは三田ひとりぐらいなので、
ハモンロペスになかなかいいボールが入らず、
カウンターのチャンスもパスが遅いので相手がすぐ戻っちゃう、
何ともじれったい印象の前半でした。

が、後半は少しギアアップします。
パスもどんどんとバイタルに入った選手につけるようになり、
バックラインからのビルドアップも落ち着き払っていて澱みない。

このチームは、パスコースを作るのが結構うまいのかな。

途中出場のウィルソンはまだキレが戻ってない感じではありましたが、
菅井は相変わらず危険というか、もう完全に攻撃の駒だし、
佐々木くんも、守備網を突き抜けていく特別なスピードを持っています。

試合は、三田がパチョを一瞬離して勝ち越されてしまいましたが、
1-3というスコアは必ずしも正確な内容を表してはいません。

仙台、油断できません。

さらに、ホームでの仙台に、浦和は何度煮え湯を飲まされてきたか。
ユアテックの独特の空気に、いつも金縛りにあったような試合になる。

仙台キラーの慎三の存在は心強いですが、
柏戦同様、簡単には主導権取らせてもらえないような気がします。

ここはやはり、セットプレイ。那須さんがいるんですから。
しっかり攻め切ることで手に入れられるものですから、
中途半端に持ちすぎない、作り過ぎない、やり切ること。

それと、柏戦後のミシャのコメントで、一つだけ納得いったのは、
ロングフィードに頼ると、前からのプレスが無効化するということ。
まあ、90分追いかけることはできませんから、
どの時間帯で後ろからつないで、前から奪いに行くかが大事。

仙台も5バックは取らないような気がしますから、
しっかり右奥左奥にボールを供給して、相手をたくさんスライドさせ、
後半の体力をやんまり削り取れるかがポイントでしょうか。
0-0でいいという、いつもの余裕で試合を進めて欲しい。

点は取れますから、必ず。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito