【観戦記】Jリーグ 浦和2-0柏 頼れるキャプテン

観戦記
07 /10 2016
雨の予報や翌週のダービーのダンピングで、
そこそこ入る柏戦が28000人切ったのは営業的に痛かった、
と経営サイドからの心配も欠かさない浦和クラスタの方々。

ゴール

32分 キャプテン
50分 忠成



_オリベイラ___中川__
クリスティアーノ____伊東
__秋野__栗澤__
輪湖______湯澤
__中山__中谷__
____中村____

58分 栗澤→小林
71分 オリベイラ→ドゥドゥ
86分 中川→大島

浦和

____慎三____
__武藤__忠成__
ウガ______関根
__アベユ__陽介__
_森脇_那須_遠藤_
____周作____

78分 ウガ→ウメ
78分 忠成→青木
85分 慎三→石原

柏は前節新潟戦と同じ、若々しいメンバー構成。
守備時は4-4-2のブロック敷いて、サイドはスライドして対応。
攻撃時は栗澤上がって中川とインサイドハーフっぽい4-1-2-3を構成。

柏は、序盤から高いラインでの猛プレスを敢行してきました。
後半も急速なガス欠に陥ることなく、やり切ってしまいましたから、そこは見事。
前掛かりになった分、後半のバックラインはスカスカではありましたが。
前節浮遊してるだけだったクリスティアーノも真面目な取り組みで。

球際も厳しく、ライン切れそうなボールも何度も取り返し、
中盤のパス回しもスムーズで、ゴールに向かった縦パスもチャレンジするし、
クリス・伊東の両ワイドもどんどんカットインしてくるし、
新潟戦と比べれば、相当パワーをかけて、浦和に襲い掛かりました。

出来としては、良かったんじゃないかと思います(若干、上から)。

この日の浦和が良かったのは、これをまともに相手しないで、
簡単に前に蹴りだして、柏にボールを渡してしまっていたこと。
ミシャは、後ろからつながなかった勇気の無さにおかんむりだったようですが、
あんなプレスの中、むやみに繋げばほんのわずかなミスで失点です。
暑い中での試合は集中もどうしても途切れがちですし、
おっさん無視して安全策に終始したピッチの子たちは好判断でした。

夏はやはりセットプレイ。

左サイドPAかどあたりで得たFKを、陽介がまたいで、キャプテンがズドン。
柏はおそらく前半に勝負かけてましたから、リードされてプラン壊れましたな。

それにしても、阿部勇樹のFKを浦和はなぜ活用しないのか。
2007年以来、不思議でならない事項の一つではあります。

千葉時代の彼のFKの恐ろしさを知っているだけに、
当社にご入社いただいた際は、これで10年プレスキッカーは安泰と思ってましたが、
これまでも、並外れた、Jでは俊様の次ぐらいの精度と威力を持つ彼のキックを、
浦和というチームは全く活用しようとしませんでした。

ロビーだって、FK、CKは気の抜けたビールみたいな球でしたし、
槙野に至っては、2012最終節以外は枠に飛ぶことさえ稀でした。

確かに入った頃は、ニアでの空中戦に絶対的な強さを見せてくれた時期もありますが、
やはり、彼にはこれからも蹴って欲しいな、と思うわけです。

2点目はまさに浦和なやつで。

前半、ファーで胸トラした瞬間、中村航輔以外は前にいなかったもんだから、
余裕があり過ぎて、バーの上に浮かして決定機を逃したルーパー忠成。

ただ彼の場合は、決定機を逃すした時ほど最後に決めてくれる印象がありました。
自分の日じゃない日を自分の日に引き戻す意志の強さを感じさせる彼のたたずまいは、
決して体型の問題だけではないと思います。
そして後半、さっそくその通りの場面が。

チュンが縦に持ち込んで慎三に預け、慎三が一拍半ぐらい間をおいて浮き球のリターン。
駆けこんだチュンが十八番の左足ボレーで、今度は完璧なループ。
これで、勝負ありでした。

その後しばらく、柏の反撃を受けてしまって、おかしな時間帯がありましたが、
一方で、ゴールには至りませんでしたが決定的なカウンターを何度も仕掛けられたので、
何とか、柏の勢いをいなしながら、時計の針を進めることができました。

柏は、ボールも持てたし中盤も制圧してましたが、ゴールチャンスはわずか。
どうやって点を取るか、という点からすると、パワーの配分が少し違うのかも。
オリベイラに抜け出されたのはいただけませんでしたが、ポストの助けを借りました。
途中で止めてループ打たれた方が、周作が不用意に出ていただけにやばかった。

この日は、特に左サイド、ウガの守備での献身性と、森脇の落ち着いたプレイぶり。
ウガは伊東、湯澤の圧力に屈せず、最後までエリア内にボールを持ち込ませず、
森脇はシーズン当初の左での不安定さは影を潜め、
陽介の裏ランチャーとして、高精度のロングフィードを連発していました。

このバックライン、神戸戦含めて結構機能してますよ、槙野さん。

課題の夏とはいえ、ACLや上位ばかりの5連戦に比べれば、週1回の楽な日程。
いいコンディションを作れ始めている感じがします。

このまま、このまま。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito