【展望】Jリーグ ホーム神戸戦 攻めましょう

展望
06 /23 2016
さてさて、前期最終節は、比較的苦手の神戸。
ここ6試合で3分け3敗の勝ち点3と勝ててませんが、
なんとも不気味なチームです。
右SBも非常に優秀な選手ですし。

前節鹿島戦の神戸

_レアンドロ__PJ__
ちま______小林
_田中英__藤田__
田中雄_____峻希
__祥平__北本__
____キム____

離脱は小川、岩波、伊野波。

前々節の広島相手には、両外人とちまが前線で暴れ回りましたので、
最近受け身の浦和のバックラインも、あっさりラインブレイクされる恐れ。
プレスキッカーの藤田、右SHの小林成豪も怖いプレイします。

伊野波、岩波のいないCBが狙いどころですかね。
連係が戻りつつあるKLMのいい餌食になってくれればいいのですが。

ネルシーニョは相手の強みを消すのがうまいと言いますが、
基本はセットプレイとカウンター。
鹿島戦の北本のゴールも、しっかりCKからフリーになっていました。

前もみんな速いから、ロングボール一発でシュートまで持ち込まれる。
弾いてくるチームでもないので、どんどんハイプレスかけて来て、
ショートカウンター繰り出されると、浦和も防ぎきれないかも。

先ずは押し込むこと、次に食いつき過ぎないこと。
じっとりドン引きする趣味はなさそうなので、点は取れると思いますが、
変な殴り合いにはしないで欲しい。

去年の最終戦のように、速く先制して余裕を持てればいいのですが。

意外と難しいのは槙野の代役。
橋本なんか、思いきり使ってみれば良いと思いますが。
レアンドロとPJは怖いですが、攻めてればボールは渡りませんから、
攻められるストッパー、据えて欲しいね。

勝っても負けても3位には変わりませんが、
2分け3敗の鬱憤は、まだ晴れてませんから。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito