【展望】Jリーグ アウェイ吹田戦 相手は鬼門のホーム戦

展望
06 /13 2016
新スタには、秋ごろにもっと大事な試合がありそうなので、
その時には見てこようと思っています。

前節の湘南戦

____パト____
コブ__遠藤__アデミ
__倉田__今野__
藤春______米倉
__岩下__丹羽__
____東口____

こんな感じでしたかね。
倉田とガチャは、うまくいかなくて、さっさと入れ替わってましたが。
2列目はかなり流動的ですし、よくわかりません。

この日のバカ試合の印象としては、吹田のバイタルの緩さ。
どうせ、Jレベルだったら打っても入らないでしょ、
なんて舐め切っていたのかも知れませんが、
プロのサッカー選手を、バイタルにフリーで打たせたら、
そりゃ、下田じゃなくても決められてしまいますよ。

ポイントはガチャとアデミウソン。

さすがの鉄人ガチャも、そろそろへたってきてるんでしょうか。
それほど派手なプレイを連発する選手でもありませんでしたが、
それにしても、今年は存在感が薄い。

トップ下起用も増えていますが、前でリズム作るのもあるでしょうが、
パスの鋭さや、90分通しての運動量が落ちてきているのかも知れません。

そして、今年の不振はやはりアデミウソンの存在。
攻撃センスはJでも超トップクラスなのかも知れませんが、
前で遊ばせておくのは、2人が限界なのかも知れません。

守備への献身性が目立つ今年のコブダイですが、
逆にそれがここ一番の彼の攻撃のキレを鈍らせているような気がします。
倉田、阿部、大森といった黒子が走り回るからこそ、
主役がきちんと舞台の真ん中に立っていられたのが、
攻撃のタレントを増やすことで、逆に攻撃力をそぐ結果になっている。

サッカーは難しいです。
ホームが鬼門というのは、なんとも気の毒ではありますが、
今月いっぱいは鬼門のままでお願いします。

コブダイに森脇が食らいつき、槙野がパチョレックを潰しまくれば、
浦和は比較的容易にペースを掴めるんではないかと思います。

浦和の方は、いかに、鹿島戦後半、失点後の自分たちの時間帯を、
吹田のピッチで再現できるか。
90分走るのは厳しくなってきたので、60分までは均衡を保ち、そこから勝負。
自信を持って、時計を進めておけばいいんじゃないですかね。

そのために、鹿島戦のように、駒井、関根をベンチに置くのはあり。
ACLでやったような、前半のガチガチの時間帯はズラで相手消耗させるとか、
ミスの目立つキャプテンを休ませ、覚醒間近の青木に任せてみるとか、
柔軟な戦い方をミシャにはいい加減覚えてもらいたい。

また、ジョイフル本田戦で酷かった那須の再生も急務。
ミッツが信用できないのなら、五輪に備えて那須の試合勘回復も大事です。

吹田も十分な状況ではないし、目標も見失いつつある現状なら、
下降線の浦和でも、付け入る隙は見つけられるかも知れない。
リーグ戦3試合で勝ち点2、浦和も早くも正念場なんじゃないですかね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito