【TV観戦記】Jリーグ 鳥栖0-0浦和 ソウルショック

TV観戦記
05 /30 2016
改めてオンデマンド見たけど、やっぱ鳥栖はクズだわ。

何かリスペクトまんせーな風潮が蔓延ってはいますが、
こういう何の目的も見いだせないようなサッカーは、
嫌われてもいいから徹底的に叩くのもありじゃないかな。

どうせ浦和が悪いんだし。

鳥栖

_____豊田__早坂_____
___ペク__高橋__福田___
吉田_谷口_ミンヒョク_藤田_チェ
_______林_______

68分 早坂→富山
81分 ペク→菊池

浦和

____慎三____
__武藤__忠成__
ウガ______関根
__アベユ__陽介__
_槙野_遠藤_森脇_
____周作____

58分 関根→駒井
71分 慎三→ズラ

その鳥栖を崩せない浦和の問題は、
やはり、ミシャのチームコーディネートに尽きると思う。
これはもう死ななきゃ治らないレベルの問題ではあるが、
固定メンバーでシーズン乗り切ることなど出来はしないのだから、
それが高度な連係の前提条件であれば、今期も詰んでいる。

この日、このメンバーであったことは仕方ないし妥当かも知れない。
この日、このメンバーを使わないで済むような準備を、
1月からしてこなければいけなかったんじゃないかという問題。

ソウルショックなんて、そんな簡単に切り替えられるような、
小さなものとはとても思えない、重いものなんじゃないかと思う。
アジアの頂点を目指せるだけの手ごたえを誰もが掴んでいただけに、
その反動、その喪失感は、メンタルの奥底にズシンと来ているはず。

6月の5連戦で崩壊してしまうことだって、ないわけではない。

よく引き分けたと思うし、良く試合を支配していたと思うし、
こんな状況の浦和に勝ちにいかないフィッカデンティのチキンぶりには、
笑うしかないな、もう。

高度な連係は、メンバーを固定すれば実現するものではないし、
身体と頭がフレッシュでなければ、誰が出たって停滞する。
浦和という人気チームが結果を問われるのもまた事実ではあるが、
目先の結果に拘って、シーズン通しての結果をいつまでも掴めないのが、
ミシャの限界だとは思いたくないんだが。

川崎も鹿島も、今期は実に巧妙に選手を入れ替えながら結果を出している。
浦和に比べれば、多少回り道しながらも、総合力を上げてきている。
随分と後れを取っているんじゃないかと思う。

ミシャは何をそんなに怖がるのか、後退することを恐れるのか。
基本的に、ACLに出続けてくれれば、満足ですけどね。

ベンチメンバーを何人常備軍に組み入れることができるかで、
戦力も、コンディションも、モチベーションも上がっていくのに、
何年、同じことを繰り返しているんだろうか。

今年、レギュラーメンバーにけが人が少ないのは、
コンディショニングが実にうまく行っている証拠ではあるんだけど、
疲労が蓄積されれば、ドン引きの相手をねじ伏せるのは難しいです。

かつての浦和は、けが人は少なくなかったけど、
代わりに出たのが何とかゲーム支えて、何とかゴールかすめ取って、
あとはサポがワーワー騒いで、無理矢理勝ち点もぎ取ってた。

そんなのが楽しくてゴール裏にいたわけで、
別に苦も無く崩した華麗なゴールでハイタッチしたいわけではないよ。
うまいんだけど、何か応援のし甲斐がないんだよなあ、今の浦和は。

KLMが呪縛になってきている。一度解体した方がいいんじゃないの。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito