【展望】ACL ホーム広州恒大戦 相性は悪くありません

展望
04 /03 2016
アウェイの地で、いきなりかまされ2点リードされながら、
武藤のごっつぁんゴールと、慎三の終了間際の同点ゴールで、
広州にはダメージの残るドローに持ち込んだのが3週間前。

広州はもう後がありませんので、ガチで来るとは思いますが、
前線の外人に絶対敵わないというほどの迫力は感じませんし、
リッピの時ほど、5トップが抑え込まれたイメージもない。

フェリポンがあれというのもありますが、
3年前の浦和とは、やはり完成度が違うという事だと思います。
そして、3年前でもホームでは広州を叩いてます。
昨年は広島も、CWCで広州を叩いています。

ミシャサッカーの、広州との相性は決して悪くない。

広州のグラルとマルティネスにボールが渡らなければ、
パウリーニョ以外に、さして怖いのもいない。所詮、中国代表。
キムヨングンと、暢久が嫌いな右SBの人が戻ったとしても、
Jを席巻する変態3-4-2-1が通用しないわけがない。

と珍しく強気な観測。

前回のスタメン。

____ズラ____
__武藤__陽介__
ウガ______ウメ
__アベユ__青木__
_槙野_遠藤_森脇_
____周作____

どちらかのサイドに関根が来るんでしょう。
バックラインは槙野、ミッツ、航でも全然ありだと思う。
青木がいいだけに、陽介どうするかが考えどころ。
前に入れたら、またパウリーニョと90分間デートだし。

前線の今のベストは武藤、慎三、ちゅんですが、
最初からその形で行って、先制パンチを狙いに行くべきなのか。

前回成功したのは、後半からの慎三、忠成、駒井の投入。
さすがに元気な前半は、ゴールこじ開けるのは大変なので、
ズラ、石原、ウメ当たりの重戦車組でダメージ与えて、
終盤、一気にギア上げられた方が、広州は嫌なんじゃないですかね。

今回、勝ち点3がマストなのは広州の方。
前半何とかしのげれば、焦る広州が徐々に失速するのは明白です。
そういう計算高い戦い方ができるチームになってるんじゃないかな、今の浦和は。

むしろ怖いのは、大挙して押し寄せる広州サポが作り出す雰囲気と、
スコアレスが続くと荒ぶりだす、こらえ性のない北の連中の作り出す雰囲気と。

前半から2点、3点取って圧倒できるような相手ではないのですから、
85分に慎三が決めて1-0なんていうのが、最高だと思うんですがね。
試合が動き過ぎないよう、ロースコアで推移することを願っています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito