【展望】Jリーグ アウェイ湘南戦 4バックで来るん?

展望
03 /18 2016
中3日ですけど、気分は悪くないはず。
まだまだシーズン序盤だし、疲れたとか言ってられんでしょ。

2節川崎戦の湘南スタメン

____キリノ____
__高山__菊俊__
菊大______藤征
__パウ__石川__
_三竿_バイア_岡拓_
____村山____

恒例の3-4-2-1。
岡拓も躍動し乱打戦になりましたが、
最後の最後に森本に頭でねじ込まれ、痛恨の4-4ドロー。

3節広島戦の湘南スタメン

__端戸__藤祥__
菊大______高山
__菊俊__パウ__
ナラワ______岡拓
__三竿__バイア__
____村山____

気になるフラット型の4-4-2。苦手の広島対策なんでしょう。
でも、大宮とかみたいにきれいに3ライン保ってスライドするわけでなく、
個別に食いついてガチャガチャにw。
最後の最後にオウンゴールを誘われて、痛恨の2-2ドロー。

しっかりと、ボールホルダーにアタックして、
空いたスペースは誰かがカバーしていく湘南らしい連動性はあったので、
大きく破たんするような付け焼刃の4バックではありませんでした。

調子は悪くない、運が悪いだけ。
そう思えるぐらい、今年もいきがいいんですね、湘南さんは。
見ていると、浦和と違って、全員が100%出し切っている気がします。

広島戦は、ミキッチ・柏の強力な両サイドを特に意識していたような。
2トップが縦のパスコースを切ることで、サイドにボールを出させ、
そこで、SHとSBが広島WBを挟み込むような感じに見えました。

サイドに数的優位を作ることで、真ん中が若干ルーズな気のしましたが、
急造の割には、そこそこ機能していたような気がします。

ただ、浦和にもこのシステムを採用してくるかはハーフ&ハーフ。
うちは広島ほどサイドが強烈ではないですもんねえ、ウガさん。
広島以上に両ストッパーも落ち着きないですから、嵌るかなあ。

まあ、真ん中固めて待つような受け身のチームではないですがね、湘南さん。

岡拓が頑張ってます。
持ち前の対人の強さに加え、川崎戦のような前線の飛び出しもあるし、
長崎や浦和の仕組みとも似てるので、やりやすいんでしょうなあ。

航いただいて気が引けてましたが、十分穴は埋まってるじゃん、と。

永木の抜けたところも、パウリーニョが存在感出しています。
ボール奪うところと、ミドルレンジからのパンチ力は一流ですから、
川崎や千葉で少し苦労してましたけど、栃木時代の輝きは取り戻せそう。

直輝もコンスタントにベンチ入りしているようですし、
途中出場した川崎戦のパフォーマンスも、悪くなかったと思います。


さて、広州からお帰りの浦和の方。

____慎三____
__武藤__忠成__
ウガ______関根
__アベユ__陽介__
_槙野_遠藤_森脇_
____周作____

前線も90分使ってないし、しばらく休みだし、行けるでしょう。
右に戻った森脇の調子が上がってきましたが、ウガが少し低調。
司もこの2試合フル稼働ですから、左に回すとも考えづらい。
途中出場の駒井がとてもよかったですが、まだ交代要員かな。

広州のパウリーニョにマンマークされ、メンタルやられてた陽介には、
湘南のパウリーニョを右往左往させて、鬱憤晴らして欲しいところ。

キャプテンはもう1試合頑張って、代表ウィークにゆっくり休んでください。

湘南は前から来るんじゃないかと思いますが、
磐田戦のような、腰の引けた受け身のサッカーにならないことを願います。
しっかり勝ち点3積み上げて、お休みに入りましょう。

周作、槙野、陽介以外は。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito