【展望】ACL アウェイ浦項戦 寒そう

展望
02 /28 2016
シドニー戦の時の埼スタもなかなかのもんでしたが、
ガンバの戦ってた水原では氷点下でしたからね。
去年同時期の水原は、幸運にもえらく暖かい気候でしたが、
今回は、相当な覚悟が必要そうですな。ホカロンたくさん買っておきます。

浦項の監督は、6年目のファン・ソンホン。
今年のACLはプレーオフからですが、
2009年にはACL獲って、CWCに出てましたね。岡山のいる時かな。
去年はKリーグ3位、コンスタントに上位にいる強豪です。

ACLグループリーグのアウェイ戦は、
これまで3回戦って3勝2敗4分ですが、うち中国韓国には3敗2分。
ミシャになってからは広州、水原、北京に負け、全北に痛いドロー。
安易に勝ち点3を狙いに行く戦いではありません。

なにより、浦項は決勝T進出のライバルですから、走られるわけにはいかない。
広州とも初戦ドローに持ち込んでいますので、侮れる相手ではない。
90分デュエルに負けず、隙を見せない戦いを貫くためのメンバーが必要ですね。
勝ち点3ではなく、勝ち点1以上の戦い方なんて、できるのか知りませんが。

シドニー戦の、強度の高いメンバーが軸になるのではなかろうかと。
うっかりとは言っても、ミッツに力を発揮してもらわなければタイトルは獲れない。
例年通り、シーズン序盤の森脇は不安定で入れ込み過ぎ。
航のスペックは把握しました。イリッチはコーチング考えるとまだリベロは無理か。
陽介はまだ戦える状態ではない。那須ニキも同様。
今後のリーグ戦も考えれば、武藤に一息つかせたい。チュンも無理はさせられない。
キャンプで結果を出し続けた石原を、ここで使わずにいつ使う。

などなど考えてみると、

____ズラ____
__トシ__石原__
ウメ______ヒラ
__アベユ__青木__
_槙野_ミッツ_遠藤_
____周作____

ということになります。

ベストメンバーによる100%のチームで勝ち続けるのではなく、
いろいろミックスされた80%のメンバーで戦い続けることが、
シーズン終盤戦でのラストスパートを可能にするのではないでしょうかね。

そういうやりくりをしてみたくなるような魅力的なメンバーが揃っておるのだから、
ミシャには、この2試合のような割り切りと勇気を持ち続けて欲しいな、と。
攻撃の形が整わなくても、どこかでゴールをもぎ取って勝ちきる強さが、
今年の浦和には備わってきているような気がします。
出来が悪いというのは、のびしろがあることの裏返しなんだよね。

さあ、韓国に乗り込みましょうや。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito