【展望】Jリーグ ホーム松本戦 明日も我慢

展望
04 /03 2015
かつて、このような強敵を埼スタに迎えたことがあったであろうか。

相手は、浦和がクラブ史上において、
いまだに勝つことはおろか、引き分けすらできていない、
天敵の松本ヤマガーさんなのであります。

しかも、ホームでは負けたことさえまだないのです。

ヤマガーさんのいつもの

____オビナ____
__池元__岩上__
岩沼______ハユマ
__喜山__岩間__
_酒井_後藤_飯田_
____村山____

最近流行りなんですかね、3-4-2-1。
開幕以来、湘南、山形、広島とこればっかりです。

真似すんじゃねえよ。

オビナって、うまいですね。
スピードはさほどではないですが、収まるし持てるし打てるし。
起点になると、2シャドウが安心して飛び込んできます。

また、経験の少ないチームですが、
ハユマさんが、実にうまくチーム全体を落ち着かせております。

反町さんの特徴は、やはりセットプレイのバリエーション。
浦和の苦手分野でもあるので、気を抜くことはできねえっす。

堅実な守備や、チャンスには数かけて速攻しかける点は、
昇格仲間の湘南や山形にも相通じるところがありますが、
見てくれはあまりよくない割りに、妙に決定力がある。

これは偏に、サポーターの力。

上昇カーブに乗り続け、成功体験しかないためか、
大挙して相手ホームに押し寄せる彼らに悲壮感はなく、
その妙なノリが、松本のチャンスを確実にゴールに結びつける。

しっかり、金落としていってもらいたいものです。

一方、浦和は代表ウィークに一息つけたとはいえ、
ACLホーム2試合含め、4月は7試合のハードな日程。
そろそろ、前線のメンバーの最適解を見つけてもらいたいところです。

まだ序盤戦と言っても、1stステージはすぐに中盤戦へ。
短期決戦なだけに突っ走るに越したことはありませんので。
まあ、それができれば世話はないんですが。


浦和の縦へのスピード不足が気になっていたのですが、
ホジッチJAPAN見ていれば、縦に急ぐとどう不安定になるか、
何となくわかったような気がします。

選手は勇気がないわけでもサボっているわけでもなく、
最適なスピードとバランスを模索しているのかも知れませんな。
まずは明日も勝ち点3、粘り強く、辛抱強く。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito