【TV観戦記】Jリーグ 広島0-0浦和 失礼な広島のサッカー

TV観戦記
03 /22 2015
Jリーグをどげんかせにゃあかんのに、
こんな試合やってちゃなあ。

広島

____佐藤____
__茶島__森崎浩_
柏_______ミキッチ
_森崎和__青山__
_水本_千葉_塩谷_
____木木____

72分 寿人→ドゥグラス
82分 茶島→柴崎

浦和

____慎三____
__石原__忠成__
橋本______ウメ
__アベユ__陽介__
_槙野_那須_森脇_
____周作____

56分 忠成→啓太
56分 石原→ズラ
64分 橋本→加賀

リーグ戦では5連敗中の広島、去年周作はこのカード無失点。
ともに開幕2連勝でぶつかったこの試合、慎重に入るのはわかる。

前半はそれども双方に決定機。
浦和は森脇と陽介の右足、槙野のCKからのヘッド。
広島は茶島、森崎浩、寿人が1本ずつ。

ちなみに後半入ってすぐ、
入れ替わった忠成をつかみ倒した千葉は明らかにPK。
アンジャッシュ小島にサッカーの審判は無理だわ、二度と見たくない。

浦和はやはり動きが重そうで、運動量が十分でないのに、
前線がいつものように上がるから、中盤がスカスカ。
前線でプレスに行くのはいいけど、そこをかいくぐられると、
一気に最終ライン近くまでボールを運ばれてしまうので、
数的有利を維持することができない、危ないシーンが散見。
森脇のポジショニングが相変わらず不安定なのもありますが、
彼をカバーできないのは、浦和全体の問題でありまして。

もちろん、北京帰りの浦和としては、後半勝負のプランもありで、
何とか凌いでギアチェンジしてくれれば納得も行きますが、
スタメンが陽介下げた攻撃型で、選手交代のたびに啓太、加賀を投入し、
どんどん守備型に後退していくのも、いつもの謎采配。

さらにその斜め上行くのが、広島の後半の失速ぶりで、
休養万全なのに、時間を追うごとに攻撃の意識は薄れていき、
終了間際には、明らかな引き分け狙いの時間の使い方。

ホームなんだし、にっくき浦和なんだし、まだ3節なんだし、
怒涛の攻めに出れば、まったくチームとしての守備を忘れた浦和なら、
簡単に瓦解したような気がしますけどね。
そんなゲームにも拍手を送ってくれるサポーターになら、
別にタイトルをコミットする必要もないわけですから、
入場料に見合ったエンターテインメントを提供すべきじゃないんですかね。

浦和もさすがにあれだけドン引きされると、
みすみす相手の思う壺に嵌る必要もないので、様子見決め込みました。
終盤しっかりチャンスも作ったし、どっちがちゃんと試合したかは明白。
広島の人たちは、浦和に牙剥く前にやることあるんじゃないですかね。

これでやっと一息。2週間あります、しっかり立て直して。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

まあ勝手なことばかり、知ったようなこと書いてるね。
恥ずかし

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito