埼スタの耐性と覚悟

浦和レッズ
05 /11 2009
日曜の敗戦は、決して闘莉王のせいなんかではなく、
噂ですが、「あの人」がスタジアムに来ていたかららしい。

・・・・・恐るべし、「伸二伝説」。

さて、

元気・直輝の一服感に伴い、パフォーマンス下降気味のここ数試合。
運動量が落ちると、途端に並みのチームに変貌した浦和は、
少し勝ちすぎたのかな、というのが最近の感想。

無欲で臨んだ開幕戦あたりであれば、
さして致命的とも思えなかった西村の判定に、(確かに酷かったけど、)
選手もサポーターも、あそこまで感情的になることはなかったのかな。
やはり、首位の座というのは、いろいろな勘違いを生むものです。

審判に罵詈雑言浴びせることで、勝利を手繰り寄せたことなど、
少なくとも、僕の経験ではありませんしねえ。
チームを勝たせるために何をすべきだったのかな、サポーターは。
勝たせるために、というより、勝つのを見物しに来ている人が多いのかな。

4バックにしたことで、前が厚くなったことにより、
ボールを前に運べるようになり、プレイエリアが前進した今年の浦和。
ただ、運動量と連動性を失えば、局面での数的有利を作れないばかりか、
1対1や、数的不利の状況での守備を強いられる場面も増え、
必ずしもいいバランスを保てている時間帯ばかりでないのが実情。

要は、まだそんなに強くないんです、浦和は。
ここまで積み上げた勝ち点は、必ずしも今の実力を反映したものではない。
しかも、今は、成長途上で、自分のスタイルを貫いているところですので、
相手の長所を引き出してしまうことだってあります。

ガンバにだって、下手すりゃボコボコにされる可能性も十分にあるわけです。

なんで、相手に点を取られただけで、追いつかれたり勝ち越されたりしただけで、
命取られたみたいに、萎れてしまったり、
世界の終わりみたいに、ヒステリックになってしまうんだろう、埼スタは。
選手を励ますだけでなく、冷静にさせたりするのも一つのサポートであるはずなのに、
今はただ、選手の足引っ張ってるだけのような気がします。
勢力が大き過ぎて、グルヴァもコントロールできなくなってるしw。

耐性がなさ過ぎる。覚悟がなさ過ぎる。
ただ、前を向けばいいだけなのに。
(アウェイではそれほど感じないんですがね。)
だから最近、ホームで弱い。

主力の戦線離脱も、上位をキープする上では痛いかもしれませんが、
戦力を厚くしていくには、この上ないチャンスです。
結局、シーズン終盤には、どれだけレギュラーとそん色ない戦力を、
控えとして持っておけるかということが大事になるわけですし、
控えの実力を、今、見極めることが出来れば、
夏に、的確な補強を行うための、いい判断材料にもなります。

さすがに3匹目のどじょうは・・・と、大きな期待をしていなかった割に、
そこそこ存在感を示してくれた、峻希のリーグ戦デビューだけでも、
どんぶり飯2杯は十分食べられました。

実質ホームが続く、今月、来月。
もっと、おおらかに構えて、選手を見守ってもいいのかな、と思う。
もちろん、それでスタの空気が冷めてしまっては、元も子もありませんが。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ここ数年特に勝ちを見させてもらっていた
試合が多かったですからね

2004あたりまで戻らないと…
犬飼さんによってクラブが
フィンケによってチームが
変わったのだから、サポも変わる時なのかもね?

>ずんたろさん
必ずそっち行くからねえ。待っててねえ。
このゲーム、絶対負けねえ、見たいなショートスパンの見方が、多少変わりつつあるかな、という感じもあるんですけどね。
フィンケとは10年、20年付き合いたいです。

>ずんたろさん
別に意見するわけじゃないですけど、僕はクラブを変えたのは犬飼さんじゃなくて塚本さんだと思ってます。

>Nさん
確かに塚本さんが、弱かったレッズの流れを変えてくれたような気がしますね。
ただ、結果を得るという点では、ギドと犬飼さんのラインというのは最適だったかもしれません。サッカーのスタイルはともかく、タイトルという実績は、これもクラブの財産ですからね。

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito