【TV観戦記】ゼロックス杯 G大阪2-0浦和 繰り返し

TV観戦記
02 /28 2015
うへ、47,666人も行ってたんですか。
武藤の髪型が開幕に間に合って、本当に良かった。
とりあえず、2000万円ありがとうございました。


ゴール

68分 宇佐美 94分 パトリック

G大阪

__ウサミ__赤嶺__
倉田______大森
__遠藤__明神__
藤春_____オジェソク
__岩下__丹羽__
____東口____

63分 赤嶺→パトリック
78分 宇佐美→リンス
91分 大森→阿部

浦和

____忠成____
__高木__ウメ__
関根______平川
__アベユ__陽介__
_槙野_那須_森脇_
____周作____

56分 高木→ズラタン
72分 ウメ→武藤
87分 那須→啓太


組織というものは、同じままだと勝てなくなるんです。
企業も個人も、どんどん変わって、成長していかないと、
競争を勝ち抜いていくことはできないんです。

大原でだけ、鮮やかなサッカーしてたところで、
何の意味もないんですよ。

浦和のゲームといえば、浦和のゲームでした。
ポゼッションの方は概ね60%超え。
ボールロスト後の囲い込みが速く、ガンバはなす術なし。
決定機も作らせぬまま、前後半ともゲームは推移。

しかし、68分のセットプレイから、
ファーにすらしたボールを宇佐美が蹴り込み、ジエンド。
またもや、森脇がマークを外してしまいました。
彼は、本職のDFではないので、責められませんが、
できたら、本職のDFを配置して欲しいところです。

前半、槙野やウメのミドルも、いいトライでした。
ああいう一手が、中のマークを乱すことにもつながるので。

でも、結局は点を取れぬまま終了。
何度でも、同じ負け方を繰り返す所存なようで。

もう、浦和の攻撃には何の意外性もないんだよね。
見てるこっちも、どこにパス出すかわかりますから。
丹羽や岩下が見切ったようにパスカットできるのも道理。
ミシャのシステムの商品性は、もう失われているのでは。
このサッカーを極めたところで、大した果実は得られないのでは。
そんな気分に、どうしてもなってしまいます。

中国へとステップアップしたセルが、こんなこと言ってました。

「見ていて感じるのは、『次がある』と思ってプレーしている選手
が多いんじゃないかと言う点です。その試合がダメでも、次にがん
ばればいいと思っているんじゃないかと。Jリーグ時代から感じて
いたのですが、日本の選手は負けても『大丈夫だ』『次だ』という
ことを口にする。
 でも、僕は違う考えでいます。ミスはその場で取り返すべきだと
考える。その試合でやりきれなければ、本当に悔しい。負けはめちゃ
くちゃ引きずりますよ。なぜ走れなかったのか、なぜチームが機能
しなかったかを腹を立てながらも考える」

この考え方、本当に共感します。彼が立派になって嬉しいです。

陽介はシーズン前、レッズフェスタでこう言いました。

「個人として今年は結果を出すと決めています。自分の成長がチーム
の成長につながると思って、今年1年取り組みます。レッズに加入し
6年目となる自分はこれまでタイトルを獲るとばかり言ってきて結果が
出せていません。だから今シーズンは、目の前の1試合1試合に勝って、
みんなと喜べるように戦っていきます」

この1試合1試合という考え方は本当に大事です。
でもそれは「次」ではなく「今」のことであって欲しい。

もう内容ではなく結果が求められていることは共通認識でしょう。
やってるサッカーをそう簡単に変えるわけにいかないのであれば、
この苦境を乗り越える強い意志を見せないと、
冗談でなく、降格争いに巻き込まれても不思議はありませんよ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito